未来警察:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
未来警察
未来警察

未来警察

1985年7月13日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロボットに関するトラブル処理専門の警官の活躍を描くアクション映画。製作はマイケル・ラックミル、エグゼクティヴ・プロデューサーはカート・ヴィラドセン。監督・脚本は「大列車強盗(1979)」のマイケル・クライトン。撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、デザインはデイヴィッド・デュランドが担当。出演はトム・セレック他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

近未来のある都市。ジャック・ラムゼー警部補(トム・セレック)は、ロボットに関するトラブル処理班ランナウェイ・スクウォッドのチーフだ。交通課から転任してきたカレン・トンプソン(シンシア・ローズ)を連れ、ヘリで農園へ急行した。農業ロボットが突然狂い出したのだ。逃げ足の早いロボットを追いかけ、爆破してちょん。次に家事ロボットが制御不能になり、家人を殺すという事件が発生。家には赤ん坊が残っている。防弾チョッキを着たラムゼーは、家の中へ入り込み赤ん坊救出に成功した。トンプソンを連れて家へもどったラムゼーは、TVニュースで父親の勇姿を見て鼻高々の一人息子ボビー(ジョーイ・クレイマー)に迎えられた。鑑識のマーヴィン(スタン・ショウ)は事故ロボットを調べ、特殊な回路が埋めこまれていることを発見する。事故をおこしたロボットの持主ジョンソン(クリス・マルキー)はコンピューター技師だった。彼を追うラムゼー。ジョンソンを眼光鋭いルーサー(ジーン・シモンズ)が熱誘導ミサイルで殺害するジョンソンらはロボットの機能を変える特殊チップを開発し、その実験に農業ロボットや家事ロボットにチップを埋め込んだのだ。ラムジーは.ルーサーの愛人ジャッキー(カーティス・アレイ)を問い詰め、リッツ・ホテルで特殊チップの取引きが行なわれることを聞き出し急襲した。だが、ルーサーには逃げられ、トンプソンは体内に熱誘導ミサイルをぶちこまれた。幸いにも不発だったので、ラムゼーは必死になって檎出した。間もなくルーサーが、電話をかけてきて裏切ったジャッキーの生命と特殊チップの原版の文換を要求してきた。ラムゼーとトンプソンはジャッキーを移送。追跡してきたルーサーは、ジヤッキーを殺し、チップ原版の半分を奪った。ルーサーは署に忍び込んだラムゼーのデータを調べて、ボビーを誘拐。息子と交換に残る原版の半分を持ってこいという。高層ビル工事現場でルーサーは待っていた。高所恐怖症のラムゼーは、それを必死に押えてルーサーと対決。死闘の末に彼を倒すことに成功した。

作品データ

原題
Runaway
製作年
1985年
製作国
アメリカ
配給
トライスター・コロムビア映画
上映時間
101分
製作会社
トライスター・デルファイ・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?