胸に輝く星|MOVIE WALKER PRESS
MENU

胸に輝く星

1957年12月27日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

バーニー・スレイターの原作を「太陽に向って走れ」のダドリー・ニコルズが脚色、「最前線」のアンソニー・マンが監督した異色西部劇。撮影監督は「三人のあらくれ者」のロイヤル・グリグス、音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「間違えられた男」のヘンリー・フォンダ、「ロンリーマン」のアンソニー・パーキンス。「ミスタア・ロバーツ」のベッツィ・パーマー、「黒い牡牛」のマイケル・レイ少年、「六番目の男」のジョン・マッキンタイア、それにネヴィル・ブランドらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西部のある町--シェリフのオフィスに、ひげだらけの男が馬の背に男の死体を乗せてきた。ひげの男はモーグ・ヒックマン(ヘンリー・フォンダ)と名のり、運送会社を襲い金を奪った男を捕えてきたと言い賞金を要求した。シェリフはベン・オーエンス(アンソニー・パーキンス)という若い男だった。賞金は死体の男が犯人であることを確かめられるまでは支払われない。モーグはそれまで町に留まることにしたしかし素性の知れぬ旅がらすを泊める家もなく、馬を預けようとしても厩の主に断られた。厩の主はボガーダスと言い、強盗犯人とは親類だった。モーグは野宿を覚悟して町を出たが途中キップという少年と知合い、その母親の家に泊めてもらうことになった。キップの母はノナ(ベッツィ・パーマー)と言いインディアンの夫に死別、今は息子と2人住んでいるのだった。自分も妻と子を失っていたモーグはキップに愛情を覚えた。翌朝モーグがシェリフのオフィスに行くと、マコード医師とミリーという娘がベンを訪れていた。ミリーはベンと恋仲だがシェリフだった父親が殺されたためベンがシェリフである限り結婚しないと言張っていた。その時、往来から3発の銃声が聞こえた。ボガーダスがインディアンを射殺したのだ。ベンはボガーダスを捕縛しようとしたがボガーダスは正当防衛を叫び、逆に奸計をもってベンを射とうとした。モーグはその奸計を見破りベンを助けた。モーグも昔シェリフをしていた。翌日ベンはモーグに、ボガーダスが軽い罰金で許され、シェリフの地位を狙っていることを告げた。モーグは賞金支払の日を待ちつつベンの指導に当った。やがて賞金が届いた。モーグが金を受取って表へ出ると駅馬車の乗客が2人組に殺されるという事件が起った。ベンは早速捜索隊を組織したが、当然参加してくれると思ったモーグに拒否された。夜半、捜索隊は空しく帰ってきた。翌日はマコード医師の誕生日で人気のある医師を町中で祝うことになっていた。ところが医師は、その日何者かに殺された医師の手帳に記されたメモから犯人はマッガフィー兄弟と目された。駅馬車を襲ったのも彼らで事件を知った医師の口を封ずるため殺したという事実が浮んだ。再び捜索隊が組織されたが今度もモーグは加わらなかった。キップ少年が捜索隊の後を追ったことを知ったモーグは少年の安否を気遣い捜索隊を追った。モーグは少年を見つけるとともにマッガフィー兄弟の隠れ場も見つけベンを助けて捕縛した。が、親愛なる医師を殺された町民は憤激の余り鏡台を私刑にかけようとした。ボガーダスはこの機にシェリフの地位を乗っ取ろうと町民を扇動した。しかしモーグの助けでベンはボガーダスを倒し立派にシェリフの地位を守った。翌朝モーグは町を去った。ノナとキップを連れて……。

作品データ

原題
The Tin Star
製作年
1957年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?