名探偵登場|MOVIE WALKER PRESS
MENU

名探偵登場

1976年9月23日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界に名高い名探偵5人が、大富豪に招待され、「晩餐と殺人」の饗応にあずかるというコメディ。製作はレイ・スターク、監督はロバート・ムーア、脚本はニール・サイモン、音楽はデーブ・グルーシン、撮影はデヴィッド・ウォルシュ。タイトル・バックの絵はチャールズ・アダムスがおのおの担当。出演はアイリーン・ブレナン、トルーマン・カポーティ、ジェームズ・ココ、ピーター・フォーク、アレック・ギネス、エルザ・ランチェスター、デヴィッド・ニヴン、ピーター・セラーズ、マギー・スミス、ナンシー・ウォーカー、エステル・ウィンウッドなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「あなたを晩餐と殺人に御招待します」という手紙をもらった世界的に有名な5人がライオネル・トウェイン(トルーマン・カポーテ)邸にやって来る。5人はいずれも映画・小説で、おなじみの探偵のパロディ。それぞれ鼻下に美髯をたくわえた美食家ミロ・ペリエ(ジェームズ・ココ)がエルキュール・ポアロ、警句をしじゅう口にするシドニー・ワン(ピーター・セラーズ)はチャーリー・チャン、都会的で洗練されたディック(デイヴィッド・ニーヴン)とドラ(マギー・スミス)のチャールズトン夫婦はニックとノラのチャールズ夫妻、トレンチコートを着て唇の端から発音するサム・ダイヤモンド(ピーター・フォーク)はサム・スペード、お人好しのジェシカ・マーブルズ(エルザ・ランチェスター)はミス・マープルのもじりである。彼らが落ちかかった橋を渡り、玄関まで来ると屋根から石像が落ちてきたり、呼鈴は「女の叫び声」というように「晩餐と殺人」の招待にふさわしい歓迎だ。その上、彼らを出迎えた執事のベンソンマム(アレック・ギネス)は盲目でとんちんかんな言動をして客を戸惑わせた。新しく雇われた料理女イエッタ(ナンシー・ウォーカー)は聾唖者だったからベンソンマムの指示が理解できず、晩餐は何の仕度もされなかった。全員が食卓につくが料理がなく、ペリエは怒り出す。その時、突然トウェインが現われる。彼は「12時に殺人が起きる。その犯人もこのテーブルにいる。真犯人を指摘した人に税抜きで100万ドルと、その出版権と映画化権をさしあげよう」と挑戦して姿を消す。調理室で執事の死体が発見され、2度目に見に行くと死体がきえ衣服だけが残っている。イエッタがロボットであることがわかる。右往左往しているうちに12時になる。ドアがあき、背中をナイフで刺されたトウェインの死体が出現。居間に移って議論した結果、5人はいずれもトウェイン殺しの動機を持っていることがわかる。ディック・チャールズトンは破産してトウェインに借金がある。サムはゲイ・バーにいた時に写真をとられ、彼の助手兼愛人のテス・スケフィントン(アイリーン・ブレナン)は姪に当る。ワンは養子で19歳の時に東洋人であることを知ると放逐した。マーブルズは婚約していたが、結婚前に彼がいやらしい事を求めたので破談になり、ペリエは愛犬をトウェインに殺された。翌朝、死んだ筈のトウェインが書斎に現われる。ワンが彼に「君は本当はベンソンマムの変装だ」ときめつける。マーブルズは彼を弁護士のアーヴィング・ゴールドマン、チャールズトンは会計士のマーヴィン・メッツナー、ペリエはライオネルの妹リタ・トウェイン、サムは自分は俳優のJ・J・リーミスで彼が本物のダイヤモンドだと言う。トウェインは、「自分は本当にライオネル・トウェインだ。君たちは、小説で多くの読者を悩ましてきたが、その推理もたいしたことはない」と嘲笑する。探偵達はたち去る。その後にトウェインがマスクを取ると、何と、そこにあらわれたのは聾唖者の筈の料理女イエッタの顔だった。邸中に彼女の笑い声がひびきわたった。

作品データ

原題
Murder By Death
製作年
1976年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?