失われた心:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
失われた心
失われた心

失われた心

1950年10月17日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ユーモレスク(1946)」「ミルドレッド・ビアーズ」と同じく、ジェリー・ウォルド製作になるジョーン・クローフォード主演映画で、監督は「傷心の愛」のカーティス・バーンハート。リタ・ウィーマンの原作を「扉の蔭の秘密」のシルヴィア・リチャーズと「花嫁の季節」のラナルド・マクドゥガルが脚色、「ジャンヌ・ダーク」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影、「私は殺される」のフランツ・ワックスマンが音楽を担当した1947年度作品。助演者には「ボヴァリイ夫人」のヴァン・ヘフリン、「天国への階段」のレイモンド・マッシー、新人のジェラルディン・ブルックス、「旋風大尉」のスタンリー・リッジスのほか、ジョン・リッジリー、モローニ・オルセン、アースキン・サンフォード等が出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロス・アンジェルスの街頭で「デイヴィッド」と呼びつつ昏倒した中年の女がいた。病院に運びこまれた彼女はウィラード博士によって衝撃による精神錯乱症と診断されたが、名前も年齢も住所も一切わからなかった。博士は麻酔療法によってその女の過去を知る。彼女はルイズという名前の派出看護婦でグラハム家に勤めているとき近くに住む建築技師デイヴィッドと愛を語るようになったが、男は若さの失われたルイズに次第に興味を感じなくなっていた。ルイズはデイヴィッドを思いきれぬまま、妻を失った孤独のグラハムの求婚を受け入れたが、グラハム家の娘キャロルはルイズを野心の塊のような女だと憎悪し、ルイズは誠意をもって彼女の誤解をとくまでなみ大抵のことではなかった。しかし、その和解もつかの間、デイヴィッドがキャロルに求婚したため、ルイズははげしい嫉妬から、キャロルを殺害しようとする妄想にまで駈られ、ついに昂奮の余りデイヴィッドを射殺して街頭をさまよい歩いていたのだった。駈け着けたグラハムはウィラード博士から、彼女の秘密を聞くと、いたわるように病床につき添っていた。

作品データ

原題
Possessed
製作年
1947年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分
製作会社
W・B映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?