模倣の人生|MOVIE WALKER PRESS
MENU
模倣の人生
模倣の人生

模倣の人生

1934年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「裏町」「昨日」に次ぐジョン・M・スタール監督作品で「裏町」「六百万交響楽」のファニー・ハースト作の小説を「青い部屋」のウィリアム・ハールバットが脚色したもの。主演者は「クレオパトラ(1934)」「或る夜の出来事」のクローデット・コルベールで、「クレオパトラ(1934)」「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアムを始め、「奈落の青空」「家なき少年群」のロチェル・ハドソン、「虹の都へ」「一日だけの淑女」のネッド・スパークス、「爆弾の頬紅」「舗道」のルイス・ビーヴァース、ユ社が売出しの新小女優ベビー・ジェーン、「第三階段」「痴人の愛」のアラン・ヘール、その他が助演している。撮影は「昨日」「青白い瞼」のメリット・B・ガースタッドが担任した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ビートリス・ブルマンは結婚後間もなく夫に死別して、3才になる娘ジェシーを抱えて世の荒浪と戦った。彼女はアトランチック・シティーに住んでいたが、女中の口を求めて来た黒人のデリラ・ジョンスンが、彼女と似た境遇で4才の小ピオラを連れているのに同情して共同生活を始める。デリラはお菓子作りの名人だったので、2人は相談のうえ「デリラ伯母さんの自家製菓子」の店を開業すると、これが大いに流行った。ビーの子ジェシーとデリラの子ピオラは大の仲良しだった。ピオラはハーフで殆ど白人の子の様だったが、少女となってジェシーはピオラが黒人である事を知り、軽蔑するようになる。そしてピオラは長ずるに従い、自己の民族を嫌忌する度が強くなる。ある日、失業中のエルマー・エドマンヅという男が店に来て、ビーに菓子の原料を大々的に売り出したら儲かると行った言葉から、ビーは即座にエルマーを支配人に雇い、「デリラ伯母さんの菓子のもと」を大規模に売り出す。10年後、ビーは女実業家として紐育5番街に大邸宅を持つ身分となり、1日夜会を開いたとき、来客の1人スチーヴン・アーチャーと恋に落ちる。その頃は娘たちも年頃になっていたが、ジェシーは寄宿舎に入っており、ピオラだけが母の許で家事の手伝いをしていた。ところがピオラはますます黒人嫌悪の念に縛られ、手におえなくなっので、ビーとデリラは相談のうえピオラを南部の黒人だけの大学に入学させる。ビーとスチーヴンは婚約したが、それはビーの娘ジェシーをスチーヴンに紹介するまでは発表しない事に決めた。南部の黒人大学からピオラが失踪したと知らせが来たときビーはデリラを慰め、2人で探しにいくこととなる。丁度そのとき休暇でジェシーが帰宅したので、ビーは娘の事をスチーヴンに頼んで出発する。しかし2人の捜索は無効に終わり、紐育に戻って来るととうのピオラは戻って来ていた。そして彼女は何故か知らない世界へ行ってしまうのだ、と宣言したので、デリラは落胆の余り心臓麻痺で急死してしまう。ビーはデリラが生前の望み通りに盛大な葬式を営んで親友の霊を慰めてやった。ピオラもついに自己の民族的運命に従うほかない事を悟り、ビーの家庭で女中として更生することとなる。スチーヴンはビーと近く結婚することを秘密にしていたので、感じ易い処女の心はスチーヴン慕はしの念に燃え始める。スチーヴンはジェシーにいまだ若年の娘は恋などに心を奪われてはならぬと諭した。一方それとは知らぬビーは娘がスチーヴンと余り親密になっては困るので、ビーとスチーヴンは婚約している事を告げる。そして黙っている娘の表情から、ビーは娘の胸内を読み取った。そしてビーは自分とスチーヴンとの結婚が娘の気持ちをすさませることを恐れて、彼に婚約解消を申し込んだのである。

作品データ

原題
Imitation of Life
製作年
1934年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァーサル映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?