野郎ぶっ飛ばせ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

野郎ぶっ飛ばせ

1961年4月15日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

自動車レースのスリルを描いた英国のマイケル・フォーロング監督作。ジョン・クレアリーが原作・脚色を担当し、撮影にあったのはジョフリー・フェイスフル。音楽をケン・ジョーンズが受けもった。テクニカル・スタッフは英国映画の人材が登用されている。出演するのは「怪獣ゴルゴ」のビル・トラヴァース、「拳銃の報酬」のエド・ベグリーなど。製作はチャールズ・フランシス・ベター。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界的な自動車レース“レマン24時間レース”に60台の車が参加した。優勝候補でイギリス人のラファティ(ビル・トラヴァース)に関心を持つ5人の人間がいた。ラファティのははジャネット(アーシュラ・ジーンズ)は息子の無事を祈り、弟タズ(ショーン・ケリー)は兄の優勝を願い、アメリカのタイヤ王バーテル(エド・ベグリー)は彼のセールスマンとしての力量を信じていた。また相棒の機械技師リチー(シドニー・ジェームズ)は車の性能を心配し、バーテルの娘ダイアン(ナンシー・ウォルター)だけは退屈していた。レースは開始された。が、ラファティの車は横転しレースを断念した。リチーは彼の力の限界だといった。バーテルは自社の製品を使って2つの大レースに参加しないかといった。契約金2万5千ドルとダイアンはラファティにとって魅力だった。タズはレースに出たいといって母を困らせた。新タイヤの性能は悪かった。フロリダのレースではほかのタイヤを使って優勝した。ラファティは恋人ダイアンとともにイギリスに戻った。次いで“ミレ・ミリア・レース”の準備のためリチーとイタリアに渡った。レースの試走中、車が転覆してラファティは負傷、リチーは死んだ。レースには兄のかわりにタズが出ることになった。幾多の障害を克服してタズは見事に優勝した。弟に対する群集の歓呼を聞きながら、ラファティはダイアンとの新しい生活、新車の製造に専念することを誓った。

作品データ

原題
The Helmet
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
MGM
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?