郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)

1981年12月21日公開,123分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1930年代のロサンゼルスを舞台に暗うつな時代に生きる男と女の情欲と運命を描く。製作総指揮はアンドリュー・ブラウンズバーク、製作はチャールズ・マルベヒルとボブ・ラフェルソン、監督は「ファイブ・イージー・ピーセス」のボブ・ラフェルソン。ジェームズ・M・ケインの原作を基にデイビッド・マメットが脚色。撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はマイケル・スモール、編集はグリーム・クリフォード、製作デザインはジョージ・ジェンキンス、衣裳はドロシー・ジーキンズが各々担当。出演はジャック・ニコルソン、ジェシカ・ラング、ジョン・コリコス、マイケル・ラーナー、ジョン・P・ライアン、アンジェリカ・ヒューストン、ウィリアム・トレイラー、トム・ヒルなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カリフォルニアの深夜の路上を1人の男が歩いている。名をフランク・チェンバース(ジャック・ニコルソン)。30年代、不況時代をそのまま背負ったような浮浪者だ。道路ぞいの辺鄙なカフェ兼ガンリン・スタンドツイン・オークスに足を踏み入れた。ギリシャ人の中年男ニック・パパダキス(ジョン・コリコス)が店主のその店に彼はちょっとだけ立ち寄るつもりだったが、結局長居することになった。それは調理場で働くコーラ(ジェシカ・ラング)が原因だった。彼女の官能的な肢体は、明らかに彼女の今の生活とは不つりあいに見えた。結局、フランクは、このツイン・オークスでの下働きを引き受けることになった。数日後、パパダキスが出かけた隙に調理場にいたコーラを襲うフランク。初めは抵抗していたコーラも、フランクの強引さに抑えられていた欲情が爆発し、自らキッチン・テーブルの上にあお向けになりフランクに身をまかせた。その後も何くわぬ顔でパパダキスの目を盗んで情事を続ける2人。夫にイヤ気がさしていたコーラは、いい機会とばかりフランクと駆け落ちした。しかし、そんな生活は長く続くはずがなく、再びツイン・オークスに舞い戻るコーラ。彼女を追うフランク。何事もなかったように以前の生活を続ける2人に、今度は恐しい考えが浮かぶ。邪魔者であるパパダキス殺害である。浴槽での殺人計画に失敗した後、第2の計画をたてた2人は、パパダキスを車で誘い出し、酔っ払い運転のための事故死を装った。まんまと成功させ、現場で激しく求め合う2人。だが、地方検事のサケット(ウィリアム・トレイラー)がこの事故に不審を持った。フランクが前科者であるということを知っていたのだ。しかし、弁護士カッツ(マイケル・ラーナー)がある手だてを考えた。パパダキスは個人生涯保険と車による他人への傷害保険の2つに入っており、カッツは、2人の保険会社員を呼んで取り引きした。コーラが殺人者なら、泥酔した主人が運転していた車に乗っていたフランクは2万ドルを手に入れることができる。コーラが無罪なら、彼女は生命保険一万ドルを受け取ることになる。そこで、過失致死という扱いをするなら、自動車保険会社は生命保険会社に一万ドル払うことで済む。そして、コーラに払われた一万ドルは、弁護料としてカッツが受け取るという算段だ。この裏工作でパパダキスは事故死ということになり、やっと2人はツイン・オークスに戻れることになる。この事件が店を有名にし、コーラは大繁盛の店のきりもりに夢中になった。2人の間にすき間風がふきフランクは旅に出てしまう。しかしコーラを忘れられないフランクはやはツイン・オークスに戻り、そこで、昔のやさしさを取り戻した彼女の姿を見る。やっと平和が戻ったころ、カッツにクビにされた助手のケネディ(ジョン・P・ライアン)が2人を脅迫するという出来事など生じるが、なんとかその問題も未然に防ぎ、フランクはコーラにプロポーズする。2人は再出発を祝うつもりでピクニックに出るが、フランクの子を宿していたコーラが突然腹痛を訴え、急いで車をはしらせフランクがトラックをよけそこね、その衝動で彼女はあっけなく死んでしまった。再び1人残されるフランク…。

作品データ

原題
The Postman Always Rings Twice
製作年
1981年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド
上映時間
123分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?