宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック
宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック

宇宙空母ギャラクティカ サイロン・アタック

1981年6月13日公開,108分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

一千年に及ぶ人類と機械人間サイロン帝国との戦いの末残された宇宙空母艦ギャラクティカを中心とする宇宙コンボイ軍団が、先祖を同じくする遥か彼方の惑星地球をめざし戦い進む様を描くSF映画。製作総指揮はグレン・A・ラーソン、製作はドナルド・ベリサリオ、とデイビッド・J・オコンネル、監督はTV界出身のビンス・エドワーズとクリスチャン・ナイビー。ケン・ペタス、グレン・A・ラーソンとマイケル・スローンの原案を基にグレン・A・ラーソン、ジム・カールソン、テレンス・マクドネルが脚色。キャラクター創作はグレン・A・ラーソン、撮影はフランク・サッカリーとH・ジョン・ペナー、音楽はステュー・フィリップスが各々担当。出演はリチャード・ハッチ、ダーク・べネディクト、ローン・グリーン、ロイド・ブリッジス、ハーバー・アーソン・ジュニア、ジョン・コリコス、マレン・ジェンセン、ローレット・スパングなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人類は、人類の宿敵、機械人間のサイロン帝国と1千年以上に渡る戦いの末、12の植民地惑星を全て滅ぼされた。残されたのは220以上の宇宙船を率いる巨大な宇宙空母ギャラクティカだけで、年老いた艦長、アダマ長官(ローン・グリーン)以下、一握りほどの隊員が残されただけで、今や燃料も底をつき、宇宙をさまよっていた。そんな時、宇宙パトロールに出たまま行方知らずになっていたアダマ長官の息子、アポロ大尉(リチャード・ハッチ)は、スターバック中尉(ダーク・ベネディクト)と共に、まだ生存していた宇宙空母ペガサスの艦長ケイン(ロイド・ブリッジス)に連れられ戻ってきた。ケイン長官は頑固な司令官で、優秀なパイロットでもある1人娘がいた。ケインは、隊員たちの憧れの的であるブロンド美人の軍人カシオペア(ローレット・スパング)を愛していた。ギャラクティカの隊員たちに歓迎されたケインは、早速サイロン攻撃を実行に移そうとするが、アダマ長官は負けることが明白な現状では少し様子を見た方が良いとなだめた。燃料の尽きたギャラクティカは、ペガサスから燃料を分けてもらい、その結果、アダマがペガサスの指揮権を得た。一方、クローム製の甲冑で身を固め、眼から赤い光線を発する凶悪な機械人間、サイロンの惑星ゴモレでは、人類を裏切ってサイロン側についた総統バルター伯爵(ジョン・コリコス)がギャラクティカ襲撃の準備を進めていた。バルターの攻撃に備えて、アダマが打ち出した計画は、スターバックら少数の隊員が戦闘機で敵の惑星に赴き、コントロール・センターを破壊して対空砲台を無力化させ、燃料を奪うという計画だった。戦闘は開始された。途中アダマが重傷を負うが、レーザーによる手術をうけ、カシオペアの看病で一命を取りとめる。この計画は見事に成功し、ギャラクティカを中心とする宇宙コンボイは、再び、宇宙に旅立つのだった。

作品データ

原題
Mission Galactica: The Cylon Attack
製作年
1979年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル=CIC
上映時間
108分
製作会社
グレン・A・ラーソン・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?