落日の決闘(1946):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
落日の決闘(1946)
落日の決闘(1946)

落日の決闘(1946)

1951年6月15日公開、90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

オーウェン・ウィスターの原作をウィスターとカーク・ラ・シェルが劇化した舞台劇から、「イースター・パレード」のアルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチがエドワード・E・パラモア・ジュニアが脚色、エディター出身のスチュワート・ギルモアが監督した1946年作品。撮影は「アリゾナ(1940)」のハリー・ハレンバーガー、音楽は「さすらいの涯」のダニエル・アンフィシアトロフ。「西部の王者」のジョエル・マクリー、「死闘の銀山」のバーバラ・ブリトン、「地獄への道」のブライアン・ドンレヴィ以下、ソニー・タフツ、フェイ・ベインター、トム・タリーらが共演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

生活の単調さから逃れるため、ニューイングランドの家を飛び出してワイオミングのメディシン・ボ-にやって来たモリー・ウッヅ(バーバラ・ブリトン)は、ヴァージニアン(ジョエル・マクリア)と相棒スティーヴ(ソニイ・タフツ)と知り合った。彼女はヴァージニアンに惹かれながらも、女の扱いのうまいスティーヴとつき合うようになったが、スティーヴは町の悪漢トランパス(ブライアン・ドンレヴィ)にひきこまれて、悪事を重ねていた。トランパスは事ごとにヴァージニアンと対立していたが、それにかかわらぬつもりだったヴァージニアンもスティーヴが盗みを働くに至っては、心ならずも親友を捕えないわけにはゆかなかった。トランパスに射たれたヴァージニアンを看護するうち、モリーは彼に恋心を抱き、二人はトランパスの悪宣伝が渦巻く町へ、結婚のため帰った。ついにヴァージニアンはトランパスを討つべき時が来たと、彼を求めて落日の砂漠で烈しい決闘が行われた。悪漢を倒したヴァージニアンは新妻を抱いて更に西へと進んで行く。

作品データ

原題
The Virginian
製作年
1946年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
90分
製作会社
パラマウント映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?