ランバダ 青春に燃えて:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ランバダ 青春に燃えて
ランバダ 青春に燃えて

ランバダ 青春に燃えて

1990年4月7日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

教師とスラム街の学生との交流と、ダンスをふんだんに交えて描く音楽映画。製作はピーター・シェパード、監督・原案・脚本は「ブレイク・ダンス」のジョエル・シルバーグ、共同脚本はシェルドン・レナンとデューク・サンデファー、撮影はロベルト・デトーレ・ピアゾッリ、音楽はゲレッグ・デベルスが担当。出演はJ・エディ・ペックほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新任の数学教師ケヴィン(J・エディ・ペック)に興味を抱いた女子学生のサンディ(メロラ・ハーディン)は、彼の素行を調査する。やがて昼間は真面目なケヴィンが、夜はナイトクラブに出入り、ダンスをしていることを知る。しかし実は、彼はそこで教育をうけられないスラム街の若者に勉強を教えていたのだ。それを知ったサンディの恋人ディーン(リッキー・ポール・ゴールディン)は仲間と共に夜の授業を襲い、警察沙汰になる。クビを言い渡されたケヴィンのために、サンディは校長(キーヌ・カーティス)に直訴し、学業コンテストを提案する。そしてそこでスラム街の生徒たちは見事勝利を手にするのだった。

作品データ

原題
Lambada
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
0分
製作会社
キャノン・ピクチャーズ・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?