恋愛聴診器|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恋愛聴診器

1950年12月12日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「砂塵」のマックス・ブランドの原作により、シリーズとして評判になったギレスピイ博士の1篇で、このシリーズを専門に手がけていた、マーティン・バークレイとハリー・ラスキンの書下ろし脚本とウィリス・ゴールドベックの監督になる1944年度作品。撮影は「山荘物語」のレイ・ジューン、音楽は「少年牧場」のナサニエル・シルクレットが当たった。出演者は「海の男」のライオネル・バリモア、「戦場(1949)」のヴァン・ジョンソン、「サンマー・ホリデイ」のマリリン・マクスウエル、「青春学園」のキイ・リューク、「ヴィナスの接吻」のエィガァ・ガードナー、「夢のひととき」のラッグス・ラグランド、アルマ・クルーガー、ネル・クレイグ等。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークのブレアー病院のギレスピイ博士にはランドール・アダムズと中国人のリーという2人の医局生がいた。2人は博士の助手に選ばれるべく日頃ハリ合っていたが、アダムズは彼に好意を寄せる金持ちの娘ルースにつきまとわれ、大弱りだった。彼は街でふと知り合ったジーン・ブラウンという娘の母親が不治の関節炎で病床に就いているのを知り、彼女のためにこの難病とぶつかろうと考える。一方、リーは消化不良の少女を担当することになった。アダムズは難病の治療に行き悩むが、リーの好意ある助言で、見事ジーンの母親を回復させた。ギレスピイ博士は2人の腕に兄弟なしと判断するが、リーの好意に感激したアダムズは自ら姿を匿ましてしまう。そこに、リーは故国より招集をうけ、ギレスピイ博士はアダムズを助手にする必要が生じた。博士はリーの入智恵で、ルースにつきまとわれるアダムズを再び病院に呼び戻すことができた。

作品データ

原題
Three Men in White
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?