ローズ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ローズ
ローズ

ローズ

1980年11月1日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

60年代の最大の女性シンガーといわれたジャニス・ジョプリンをモデルに、反体制の空気に満ちた60年代のアメリカの若者を熱狂させた1人のロック歌手ローズの愛と激情の人生を描く。製作総指揮はトニー・レイ、製作はマーヴィン・ワースとアーロン・ロッソ、監督は「シンデレラ・リバティー かぎりなき愛」のマーク・ライデル。ビル・カービーの原案を基に彼とボー・ゴールドマンが脚色。撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はポール・A・ロスチャイルド、編集はロバート・L・ウォルフ、美術はジム・ショッピ、衣裳はシオニ・V・アルドレッジが各各担当。出演はベット・ミドラー、アラン・ベイツ、フレデリック・フォレスト、ハリー・ディーン・スタントン、バリー・プリマス、デビッド・キース、サンドラ・マッケーブ、ウィル・ヘアー、ルディー・ボンドなど。日本語版監修は清水俊二。デラックスカラー、ビスタサイズ。1979年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

反体制の波にゆれる1969年のアメリカ。ベトナム戦争がもたらした若者たちの反撥は頂点に達し、そんな空気の中で女性ロック・シンガーのローズ(ベット・ミドラー)がカリスマ的な支持を受けていた。しかし、契約中の3年間の彼女のスケジュールはびっしりで、専用機“ローズ号”で毎日旅する彼女の神経はすり減っていた。故郷フロリダでの公演のあと1年の休みを欲しいというローズの願いも、マネジャー、ラッジ(アラン・ベイツ)の厳しい言葉に消されていった。ニューヨーク公演の後、ラッジと共に作曲家ビリー・レイ(ハリー・ディーン・スタントン)を訪ね、そこでビリーに冷たい言葉をつきつけられたローズは、ビリーのもとをとび出し、乗り込んだハイヤーの運転手ダイアー(フレデリック・フォレスト)を知る。途中、レストランに立ち寄った2人は、そこでささいな喧嘩に巻き込まれるが、その場のダイアーの男らしさにいつしか魅かれるローズだった。ローズが以前住んでいた“ビッグ・ジョージの店”に寄った2人は、その夜をホテルで過ごす。翌朝、録音に5時間も遅れたローズはラッジと言い合うが、仲裁に入ったダイアーにまで罵声を浴びせるローズだった。その場を去るダイアーにしかしローズは追いすがり、自分の愛の深さを告白する。そして、ダイアーが運転手ではなく、軍隊を脱走してすでに3週間になる身であることを知る。しかし、ローズの自由奔放な愛の生活は限りなく、かつてのレズビアンの愛人セーラ(サンドラ・マッケーブ)などの愛も平気で受け入れる有様だった。この場を目撃したダイアーは、遂にローズのもとを去った。いよいよ故郷フロリダにやって来たローズは、再びラッジと決定的な喧嘩をしてしまい、彼にクビを言い渡される。不安のどん底につき落とされたローズは、その場に戻ってきたダイアーと車で町を走り回るが、“モンティの店”で出会った、昔の恋人が原因で、今度こそ決定的な別れをむかえてしまう。一方、スタジアムでは、ローズを迎えようと、1万人以上の観衆が待ちかまえており、その熱狂の裏で、控え室のラッジらは頭をかかえていた。口では強いことを言っても、ローズの行方をラッジは必死に追っていたのだ。ローズがクスリでふらつきながら、なつかしい母親に電話をしたことから、交換手を通して彼女の居所をつかんだラッジはへリコプターを用意し、花火の上がる大観衆のスタジアムに彼女を迎え入れることに成功。割れるような観衆の拍手の中、足をふらつかせながらステージに立つローズ。“私といて、私を置いていかないで”と訴えるように歌う彼女に再び熱狂の拍手が起こった。そして、続いて歌った歌詞が、つぶやきのようにささやかれると、彼女はそのままばったり倒れた。愛を求め、愛に生きた1人の激情のロック歌手のそれが最後だった。(20世紀フォックス映画配給*2時間14分)

作品データ

原題
The Rose
製作年
1979年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分
製作会社
マービン・ウォース/アーロン・ロッソ・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?