ローズ家の戦争:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ローズ家の戦争
ローズ家の戦争

ローズ家の戦争

1990年5月18日公開、116分、コメディ
  • 上映館を探す

配信で観る

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ある夫婦の離婚をめぐる“戦争”を描くブラック・コメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはポリー・プラットとダグ・クレイボーン、製作はジェームス・L・ブルックスとアーノン・ミルチャン、監督は主演のダニー・デヴィート。ウォーレン・アドラーの原作を基に、脚本はマイケル・リーソン、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はデイヴィッド・ニューマンが担当。主演はほかにマイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

弁護士のギャビン・アマート(ダニー・デヴィート)が客に話を始める--。バーバラ・ローズ(キャスリーン・ターナー)とオリヴァー・ローズ(マイケル・ダグラス)が出会ったのは17年前、ナンタケットの競売場でだった。たちまち愛しあい結婚したふたりは、男と女の子供に恵まれ、やがてオリヴァーも法律事務所の重役にまで出世した。そしてある日、バーバラは日頃から目をつけていた豪邸を手に入れる。彼女はインテリアに凝り、家の隅から隅まで気を配るが、次第に育児にも手がかからなくなり、すべて片づいた時、空虚感を抱くのだった。こうしてバーバラはパーティ用の仕出しの商売に情熱を傾け始め、家事は家政婦のスーザン(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)に任せるようになる。ある日オリヴァーが商談中に内臓の異変で病院にかつぎ込まれるが、バーバラは見舞いにこなかった。その時彼女は、もはや夫への愛が消えてしまっていることを知るのだった。そしてバーバラは弁護士を雇い、子供の養育権と家を条件に離婚を切り出す。しかし妻に未練を抱くオリヴァーは、あの家だけはやれない、とギャビンを雇い“ローズ家の戦争”は始まった。家の中にはバーバラの領域、オリヴァーの領域、そして中立地帯を定め、戦場のようになってくる。やがてこの戦争は、料理評論家を招いて開いたバーバラのパーティを、オリヴァーが無茶苦茶にしたことから凄絶な様相を呈してくる。車と車をぶつけあったり、部屋の装飾品を投げあったり--。ふたりしてシャンデリアに飛び移ることがあっても、まだオリヴァーはバーバラを愛していたが、彼女は夫を愛さなかった--。話を終えてギャビンは客に、離婚するなら妻の条件を全面的にのむか、再び愛を見つめ直すかのどちらかだと忠告するのだった。

作品データ

原題
The War of the Roses
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
116分
製作会社
グレイシー・フィルムズ・プロ作品
ジャンル
コメディ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?