ローマの哀愁|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローマの哀愁

1962年7月7日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

テネシー・ウィリアムズの「ストーン夫人のローマの春」ギャビン・ランバートが脚色し、新人ホセ・キンテーロが演出した映画で、撮影はハリー・ワックスマン、音楽はリチャード・アディンセルが担当。出演者は、「愛情は深い海の如く」のヴィヴィアン・リー、「草原の輝き」のウォーレン・ベイティ、ロッテ・レニア、ジル・セント・ジョンなど。ルイ・ド・ロシュモン製作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ワシントンのある楽屋では、かつての人気女優キャレン・ストーン(ヴィヴィアン・リー)が、鏡に映る衰えた容姿を見つめて悲嘆にくれていた。女優をやめることを決心した彼女は、ニューヨークにいる夫トムのもとへ戻る決心をしたが、彼女が帰ると間もなくトムはこの世を去った。それから数カ月、夫の死で混乱したキャレンは、気持ちをおさえようと1人ローマへ旅立った。豪華なアパート住まいをする彼女は、ある夜、伯爵夫人とその若き恋人パオロ(ウォーレン・ベイティ)を招待した。この2人は、1人暮らしの金持ちの女からパオロがせしめる金品で生活していた。キャレンもそのカモの1人だった。翌日パオロは、偶然を装ってキャレンに会った。キャレンはパオロのお世辞と愛の言葉におぼれ、2人の間は別れられぬ程に深まっていった。こんな2人の様子に伯爵夫人は不満だった。パオロがキャレンに溺れ、金を引き出すのを忘れてしまったからだ。そんなある日、パオロはアメリカの新進女優バーバラと知り合った。これを知った伯爵夫人は、パオロにバーバラと交際をすすめ、キャレンとの仲を断とうとした。あるパーティの夜、親しげに語るパオロとバーバラの様子を見たキャレンは、彼を失いそうな恐怖で逆上し醜くく云い争った。やがて失意のキャレンがアパートへ帰ると、いつも彼女につきまとう青年が彼女の部屋を見あげていた。キャレンは、バルコニーからハンカチーフに包んだ鍵を落とした。彼を待ちうけるキャレンに、落ちつきはらった青年がゆっくりと近づく。だが、彼女は身じろぎもしなかった。

作品データ

原題
The Roman Spring
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?