我が心の呼ぶ声:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
我が心の呼ぶ声
我が心の呼ぶ声

我が心の呼ぶ声

1952年3月20日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「われら自身のもの」「ヒット・パレード」のサミュエル・ゴールドウィンが「我等の生涯の最良の年」と同系統の作品として製作、今日の問題に直面するアメリカ人の生活を描くホーム・ドラマ、1951年クリスマス封切り。監督には「チャンピオン」のマーク・ロブソンが当たる。雑誌『ニュー・ヨーカー』所載のエドワード・ニューハウスの小説に基づき、短編作家のアーウィン・ショウが脚色、撮影監督は「踊る海賊(1948)」のハリー・ストラドリング、音楽は「バッタ君町に行く」のリー・ハーラインが担当。主演者は「インディアン渓谷」のダナ・アンドリュース、「らせん階段(1946)」のドロシー・マクガイア、「われら自身のもの」のファーリー・グレンジャー、「ハーヴェイ」のペギー・ドウで、ロバート・キース、舞台女優ミルドレッド・ダンノック、レイ・コリンズ、マーティン・ミルナー等が助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年――マーティン・グリア(ダナ・アンドリュース)は大戦従軍の記憶も薄れ、恋女房ナンシー(ドロシー・マクガイア)と1男1女との愛の家庭生活に限りない幸福を感じていた。彼は父のトーマス(ロバート・キース)とこのグリーンヒルの町で建設会社を経営し、学校をでたばかりの彼の弟ジャック(ファーリー・グレンジャー)は、かすり傷を理由に徴兵延期し、会社で働いていた。彼はターナー判事(レイ・コリンズ)の娘ケリー(ペギー・ドウ)に想いを寄せていたが、判事はジャックが入隊もせずに気ままにふるまう青年なので、好感を持っていなかった。6月25日、朝鮮動乱が起こり、ジャックのもとにも召集の通知があった。彼が会社に必要な人物である証明をマーティンが出せば、ジャックの召集も逃れることができるのだが、マーティンは他の社員への顧慮からそれをしなかった。ジャックはこんどの召集は、徴兵委員会に加わっているターナー判事が彼とケリーの仲を裂こうとする策謀だと曲解し、ケリーと喧嘩別れのまま入隊してしまった。やがてマーティンも、元の上官の希望で飛行基地建設のため召集さえることになった。妻のナンシーは思い悩むが、本当の幸福を守るためには夫を送り出さざるを得なかった。欧州に派遣されることになったジャックは休暇を得て帰省し仲直りしたケリーと結婚した。今や立派な成人として新しい首途に立つ2人を、ターナー判事も心から祝福するのだった。

作品データ

原題
I Want You
製作年
1951年
製作国
アメリカ
配給
RKO日本支社
上映時間
0分
製作会社
ゴールドウィン=RKOラジオ映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?