【今週の☆☆☆】アメリカ奴隷解放運動の真実『ハリエット』や豪華すぎるゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』など、週末観るならこの4本!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/6/6 14:30

【今週の☆☆☆】アメリカ奴隷解放運動の真実『ハリエット』や豪華すぎるゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』など、週末観るならこの4本!

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今週も、映画ライター陣が”いまこそ観たい”オススメ映画やアニメをピックアップ。いよいよ都内の映画館も営業再開となり、公開延期となっていた新作の公開も。初の女性指揮官として南北戦争を戦った英雄のドラマや異色のゾンビムービーなど、バラエティあふれる作品が揃った!

週末に観てほしい映像作品を、MovieWalkerに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!
週末に観てほしい映像作品を、MovieWalkerに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!

ハリエットの不屈の精神に驚嘆せずにいられない…『ハリエット』(公開中)

奴隷解放運動に命を懸けた一人の女性の生きざまが描かれる(『ハリエット』)
奴隷解放運動に命を懸けた一人の女性の生きざまが描かれる(『ハリエット』)[c]Universal Pictures

南北戦争より10年以上前のアメリカ。奴隷として長く酷使されながら、自由を目指して脱走し、やがて奴隷解放者として活躍した実在の女性、ハリエット・タブマンの軌跡と共に、彼女が起こした“奇跡”を描く衝撃作。追っ手をかわし、女性一人で何百キロも逃げきるだけでも奇跡的だが、スゴイのはココから。無事に安全な場所にたどり着いた後、今度は家族や仲間を助け出すため、逃げて来た道を“奴隷解放者”として逆走し、何百人もの奴隷を逃し続けるのだ。その神がかった逃亡劇に手に汗握り、真のヒーローとはこんな人のことなのか……と、彼女の不屈の精神や言動に目を見開いて驚嘆せずにいられない。アカデミー賞主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた、ハリエット役シンシア・エリヴォの歌声に魂を揺さぶられるだけでも、十二分に観る価値あり!(映画ライター・折田千鶴子)

ジャームッシュらしいユーモアと風刺が効いた『デッド・ドント・ダイ』(公開中)

警官コンビを演じるのはビル・マーレイとアダム・ドライバー (『デッド・ドント・ダイ』)
警官コンビを演じるのはビル・マーレイとアダム・ドライバー (『デッド・ドント・ダイ』)Credit : Abbot Genser / Focus Features [c] 2019 Image Eleven Productions, Inc.

世界のフィルムメーカーの尊敬を集め、映画ファンからも熱烈に支持される鬼才ジム・ジャームッシュの新作は、なんとゾンビ映画!米国の田舎町を舞台に、ウイルスにより人々がゾンビ化する怪現象に立ち向かった、保安官たちの奮闘が描かれる。ゾンビを描いてはいるものの、タッチはジャームッシュらしくユーモラス。生前の習性を引きずるゾンビたちは、それぞれコーヒーや酒、Wi-Fiを求めていて、どこかトボケた感じ。ジャームッシュ組の常連俳優による共演も賑やかで、意外な役者が意外な役を演じている点がうれしい。一方で、スマホやPCに夢中でゾンビのように見える現代人への風刺もジャームッシュらしさ。一筋縄ではいかないゾンビ映画なのだ!(映画ライター・有馬楽)

■「宇宙よりも遠い場所」
Amazon Prime Video、Netflixほか各配信サイトにて配信中
株式会社KADOKAWA

関連作品

  • デッド・ドント・ダイ

    2.9
    601
    アメリカの田舎町に出現したゾンビと保安官の戦いを描くジム・ジャームッシュ監督作
    Amazon Prime Video
  • ハリエット

    3.8
    426
    奴隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生をシンシア・エリヴォ主演で映画化
    Amazon Prime Video
  • 許された子どもたち

    4.3
    11
    罪を犯したにも関わらず裁かれなかった少年達のその後の生きざまを描く内藤瑛亮監督作
    Amazon Prime Video