映画ファンにこそ刺さる!「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」が必見な3つの理由【レコメンW】|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/7/23 8:30

映画ファンにこそ刺さる!「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」が必見な3つの理由【レコメンW】

映画並みのスケールと、海外ドラマばりの中毒性…そんなドラマ、観たくありませんか?
WOWOWが贈るオリジナルドラマには、映画ファンや海外ドラマファンが、日本のテレビドラマに感じてきたであろう“物足りなさ”を払拭するような作品が目白押し。

WOWOWのオリジナルドラマが、日本のテレビドラマの“物足りなさ”を払拭!
WOWOWのオリジナルドラマが、日本のテレビドラマの“物足りなさ”を払拭!

この連載企画「レコメンW」では、映画ファンの代表として映画プラットフォーム「MOVIE WALKER PRESS」の編集部、海外ドラマファンの代表として雑誌「DVD&動画配信でーた」の編集部がタッグを組み、必見のWOWOWのオリジナルドラマをレコメンドしていきます。
「日本のドラマはあんまり…」と思っている映画ファンも、海外ドラマファンも、この連載を読めばWOWOWのオリジナルドラマの魅力に気づくこと間違いなし。第1回となる今回は、「MOVIE WALKER PRESS」編集部の三浦が、「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」(全6話)の必見理由をご紹介します!

WOWOWのオリジナルドラマ「連続ドラマW」って?

WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトとして2003年にスタートした長編ドラマ枠「ドラマW」。市川崑監督や大林宣彦監督ら日本映画界のレジェンドたちが手掛けた作品は大きな話題を呼び、2008年からは連続ドラマ枠「連続ドラマW」の製作も開始。濃密な人間ドラマから骨太な社会派ドラマ、映画スケールのアクションや本格ミステリーなど幅広いジャンルの作品を次々と生みだし、これまで「東京ドラマアウォード」や「日本民間放送連盟賞」など数多くの賞を受賞している。

今回レコメンドするのは「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」!

「連続ドラマW  パンドラIV AI戦争」の“3つのポイント”を紹介!
「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」の“3つのポイント”を紹介![c]wowow

「連続ドラマW」の記念すべき第1作としてスタートした「パンドラ」を起点とした本シリーズは、革命的な発明によって“パンドラの箱”を開いた人々の運命を、シリーズごとにオムニバス形式で描いた社会派ドラマシリーズ。三上博史主演の第1作ではがんの特効薬、佐藤浩市主演の「連続ドラマW パンドラII 飢餓列島」では遺伝子組み換え食品、江口洋介主演の「連続ドラマW パンドラIII 革命前夜」では“自殺防止治療法”。そして堺雅人が主演を務めたスペシャル版「ドラマWスペシャル パンドラ〜永遠の命〜」ではクローン人間と、毎回実力派俳優を主演に迎え、挑戦的なテーマが描かれてきた。
 
シリーズ最新作「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」で扱われるテーマは“医療AI”。向井理が演じる最先端の医療AI“ミカエル”の開発者である主人公の鈴木哲郎は、IT企業が経営する医療センターで患者の診断を受け持っていた。多くの患者を救いたいと願う鈴木と海外に後れを取らないために医療のAI化を早急に進めようとするIT企業代表の蒲生(渡部篤郎)に対し、“神の手”を持つ外科医の上野(原田泰造)や医師会会長の有薗(黒木瞳)は難色を示していた。そんななか、AIによって早急に手術が必要であると診断された患者が術後に急死。患者の遺族は医療センターを相手に医療過誤訴訟を提起する事態へと発展してしまう…。

【写真を見る】人気シリーズ最新作のテーマは“医療AI”!近未来を予言する衝撃のストーリーとは…
【写真を見る】人気シリーズ最新作のテーマは“医療AI”!近未来を予言する衝撃のストーリーとは…[c]wowow

現実世界でも様々な分野で急速に活用が進められているAI。その一方で、人の生命に関わる医療にAIがどこまで介入すべきか、個人情報保護などの法整備についてなど、いまなおあらゆる議論が交わされている。万が一医療過誤が起きたら責任は誰が負うことになるのか。また、AIは誤った判断を下すことがあるのか。
近い将来に起こりうるであろう問題を予見した本作の見どころとなる“3つのポイント”を、類似したテーマを持つ映画作品と絡めながらレコメンドしていこう。

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」作品詳細はこちら

https://www.wowow.co.jp/dramaw/pandora4/



編集部がレコメンド!テッパン作品を毎週紹介

関連作品