『海辺の映画館』公開直前!大林宣彦に未来を託された著名人からコメントが続々到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/7/30 8:00

『海辺の映画館』公開直前!大林宣彦に未来を託された著名人からコメントが続々到着

今年4月10日に82歳でこの世を去った“映像の魔術師”大林宣彦監督の遺作となってしまった『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(7月31日公開)。待望の初日を明日に控え、監督の想いをひと足先に受け止めた映画人や著名人から、熱いコメントの数々が到着した。

本作には「映画は未来を変えられる」という大林宣彦監督の想いが凝縮されている!
本作には「映画は未来を変えられる」という大林宣彦監督の想いが凝縮されている![c]2020「海辺の映画館―キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

本作は『転校生』(82)や『時をかける少女』(83)など数多くの革新的な作品を世に送りだし、余命宣告を受けながらも精力的に映画を撮り続けた大林監督が、20年ぶりに故郷の広島県尾道市で撮影をおこなった劇場公開映画第44作。尾道の海辺にある唯一の映画館”瀬戸内キネマ”が閉館を迎える最終日におこなわれた「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた3人の若者は、劇場を襲った稲妻の閃光に包まれスクリーンの中の映画の世界へとタイムリープする。戊辰戦争から日中戦争、沖縄戦と戦争の歴史をたどっていく3人は、原爆投下前夜の広島で出会った移動劇団”桜隊”の運命を変えるために奔走する。

閉館となる映画館を舞台に、戦争映画の歴史をたどっていく若者たちを描く
閉館となる映画館を舞台に、戦争映画の歴史をたどっていく若者たちを描く[c]2020「海辺の映画館―キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

”大林版ニュー・シネマ・パラダイス”との呼び声も高い本作は、監督が幼少期から持ち続けてきた“映画への情熱”と“平和への想い”が凝縮された、約3時間におよぶエネルギッシュなエンターテインメント。今回のコメントは、無声映画やトーキー、アクション、ミュージカルといった様々な映画表現で展開する本作に込められた「映画は未来を変えられる!」というメッセージを受け止めた映画人や著名人が寄せたものだ。

【写真を見る】大林監督は当初公開が予定されていた4月10日にこの世を去った
【写真を見る】大林監督は当初公開が予定されていた4月10日にこの世を去った[c]2020「海辺の映画館―キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

コメントを寄せたのは、第二次世界大戦中の広島を舞台にしたアニメ映画『この世界の片隅に』(16)で主人公の声を務めたのんや、岩井俊二、園子温、井口昇ら“映画の未来”を託された作り手たち。そして、大林監督の代名詞となった”角川映画”のプロデューサーを務めた角川春樹といったそうそうたる顔ぶれ。彼らの心を震わせた大林監督の最期のメッセージを、映画館のスクリーンでしっかりと受け止めてほしい。

関連作品