松坂桃李、広瀬すずと共演も!『いのちの停車場』で吉永小百合が医師役に初挑戦|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
松坂桃李、広瀬すずと共演も!『いのちの停車場』で吉永小百合が医師役に初挑戦

映画ニュース 2020/8/7 6:00

松坂桃李、広瀬すずと共演も!『いのちの停車場』で吉永小百合が医師役に初挑戦

都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師でありながら、作家としても活躍する南杏子の原作を映画化する『いのちの停車場』(2021年公開)。このたび主演に吉永小百合を迎え、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、田中泯ら豪華キャストが出演することが発表された。

吉永小百合主演の『いのちの停車場』に松坂桃李や広瀬すずら豪華キャストが集結
吉永小百合主演の『いのちの停車場』に松坂桃李や広瀬すずら豪華キャストが集結[c]2021 「いのちの停車場」製作委員会 [c]Kojiro Hosoi [c]廣瀬靖士 撮影:柴田フミコ

『八日目の蝉』(11)の成島出監督がメガホンをとる本作は、日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死、安楽死などのタブーに切り込み、それらに携わる医師や患者、その家族を描いた感動の医療ドラマ。日本を代表する名女優の吉永が、長い映画人生のなかで自身初となる医師役に挑む。

吉永が演じる救命救急医の白石咲和子は、とある事情により長年勤めた大学病院から石川県にある実家へと戻り、“在宅医療”を通して患者と向き合う「まほろば診療所」に勤務することに。いままで自分が経験してきた医療とは異なる “命”との向き合い方に初めは戸惑いながらも、周囲のスタッフに支えられ“在宅医療”だからこそできる患者や家族との向き合い方を見いだしていく。

また、咲和子を追って診療所で働くようになる大学病院の事務員、野呂聖二役に松坂、診療所を支え続けてきた訪問看護師の星野麻世役に広瀬という若手実力派が並ぶほか、診療所の三代目院長の仙川徹に扮する西田、佐和子の父親で元美術教師の白石達郎を演じる田中といったベテラン勢が脇を固める。

原作に惚れ込んだという吉永が、実際に在宅医療をおこなう医師や大学病院の医師から直接指導を受けるなど、並々ならぬ情熱を注いでいるという本作。新型コロナウイルスにより“命”について考える機会が増えているいまだからこそ、“生きることの大切さ”や“素晴らしさ”を訴えかける感動のストーリーは、より私たちの心に響くことだろう。

関連作品

  • いのちの停車場

    4.1
    206
    現代医療制度のタブーに携わる医師と患者、その家族を描いた南杏子の小説を映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT