これまでのヤクザ映画とは一線を画す!『ヤクザと家族』の特報が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/24 8:00

これまでのヤクザ映画とは一線を画す!『ヤクザと家族』の特報が解禁

日本アカデミー賞三冠に輝く『新聞記者』(19)のプロデューサー陣と、同作で優秀監督賞を受賞した藤井道人監督が挑む新しいヤクザ映画『ヤクザと家族 The Family』(2021年公開)。その本編初披露となる特報映像が解禁され、あわせてスタイリッシュなティザーポスターと追加キャスト陣も発表された。

『ヤクザと家族 The Family』に豪華キャストが集結
『ヤクザと家族 The Family』に豪華キャストが集結[c] 2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

「変わりゆく時代の中で排除されていくヤクザという存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品」と藤井監督が語る本作は、ヤクザとして生きることを選んだ男の三つの時代にわたるヒューマンストーリー。自暴自棄になっていた少年期に、地元の親分である柴咲組組長から手を差し伸べられた山本賢治を、今回ヤクザ役初挑戦の綾野剛が演じ、山本と父子の契りを結ぶ柴咲を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが担う。

特報はこれまでのヤクザ映画とは一線を画す、血生臭さを感じさせない映像で、”家族”というキーワードが突き刺さる内容に。前半は1999年代の山本と柴咲の出会いを断片的に見せ、後半は2005年代のヤクザとして男をあげていく山本の激動の人生を映しだす。一方のティザーポスターもスタイリッシュな特報に呼応するかのよう。さらに尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮龍太郎、駿河太郎、岩松了、豊原功補、寺島しのぶといった豪華キャスト陣の出演も明かされている。

様々な問題をはらむ”ヤクザ”というテーマを、1999年、2005年、2019年それぞれの価値観で切り取り、男たちの生き様を描いた本作。俳優たちの熱演の断片が見られる特報で、その生き様をとくと感じよう。