大倉忠義と成田凌がちちくり合う!?『窮鼠はチーズの夢を見る』本編映像が公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/27 13:00

大倉忠義と成田凌がちちくり合う!?『窮鼠はチーズの夢を見る』本編映像が公開

水城せとなの人気コミックを、大倉忠義と成田凌の初共演で実写映画化した『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)。このたび、屋上で人目をはばからずにはしゃぐふたりの姿が収められた本編映像が解禁された。

『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義と成田凌がはしゃぐ本編映像が解禁!
『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義と成田凌がはしゃぐ本編映像が解禁![c]水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

人を好きになることの喜びや痛みを純粋に描き、多くの女性から支持を得ている原作を、『ナラタージュ』(17)の行定勲監督が実写化した本作。受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一(大倉)と、恭一を一途に想う大学の後輩の今ヶ瀬(成田)。7年ぶりに再会したふたりは一緒に暮らし始め、しだいに心が近づいていく。

そんな彼らが、休日の昼下がりに屋上でじゃれ合う本編映像が解禁。お互いの洗濯物が干された屋上でビールを飲みながらくつろぐふたり。やがて恭一がおもむろに今ヶ瀬の胸を指さし「ここ」と言うと、ハニカミながら首を横に振り、恭一の胸を指さす今ヶ瀬。恭一が驚きながら「なんでわかるの!?」と尋ねると、今ヶ瀬が「わかるんですよ」とドヤ顔を見せる。そんな”ちちくり合い”ではしゃぐふたりの愛らしい姿が映しだされている。

脚本上では、”ただふたりがいるということしか書かれていなかった”というこのシーン。行定監督は「なにをやったらいいだろうと考えているうちに浮かんだのが、“ちちくり合い”って言葉があるよねと。じゃあ実際にふたりにやらせてみようかなと(笑)」なったと話す。「大倉と成田は『なんですか、これ』って言いながらも楽しそうにやってくれましたね。あの場面はふたりともほとんど素です」と、撮影秘話を明かす。

大倉も「乳首の場所を当て合うくだらないゲームは、自分も中学時代にやったことがあって(笑)。懐かしい気持ちになりながら、素で楽しみました」と振り返る。そんな彼らの幸せな日常が切り取られたシーンに、ますます公開への期待が高まる。

文/富塚沙羅

関連作品