「GOT」のクリエイターとブラッド・ピットがタッグ!中国発の人気SF「三体」がNetflixでドラマ化決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「GOT」のクリエイターとブラッド・ピットがタッグ!中国発の人気SF「三体」がNetflixでドラマ化決定

映画ニュース 2020/9/3 18:30

「GOT」のクリエイターとブラッド・ピットがタッグ!中国発の人気SF「三体」がNetflixでドラマ化決定

現代中国を代表する作家・劉慈欣が2008年に発表し、2015年にはSF・ファンタジー文学界最大の栄誉として知られる「ヒューゴー賞」の長編小説部門に輝いた「三体」から始まる「地球往時」三部作が、このたびNetflixでドラマシリーズ化されることが明らかになった。「Variety」など全米各メディアが報じている。

世界的ベストセラーSFシリーズが、Netflixでドラマシリーズ化決定!
世界的ベストセラーSFシリーズが、Netflixでドラマシリーズ化決定!

古典力学の「三体問題」から着想を得た壮大なSFストーリーが展開する本シリーズ。文化大革命で父を殺された科学者の葉文潔は、極秘裏に進行していた人類の運命を左右するプロジェクトに関わることに。それから数十年後、研究者の汪淼は世界中の科学者が次々に自殺しているという事実を知り、その影に見え隠れする学術団体への潜入を引き受ける。そして汪は、科学的にありえない怪現象に襲われることに。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターコンビが脚本&製作総指揮に!
「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターコンビが脚本&製作総指揮に!写真:SPLASH/アフロ

日本では昨年シリーズ第1作が刊行され、今年6月には第2作となる「三体II:黒暗森林」が刊行されたばかり。すでに世界中でシリーズ累計発行部数2100万部を突破している大ベストセラー作品の映像化だけあって、製作陣には錚々たる顔ぶれが集結。脚本と製作総指揮は、世界中で社会現象を巻き起こしたドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターとして知られるデイヴィッド・ベニオフとD.B.ワイス、そして「ザ・テラー 不名誉」のアレクサンダー・ウーが担当。

【写真を見る】“オスカー俳優”ブラピはプロデューサーでも絶好調!
【写真を見る】“オスカー俳優”ブラピはプロデューサーでも絶好調!写真:SPLASH/アフロ

また『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)でメガホンをとったライアン・ジョンソンや、今年のアカデミー賞で助演男優賞を獲得しオスカー俳優の仲間入りを果たしたブラッド・ピット、『ゴーン・ガール』(14)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたロザムンド・パイクも製作総指揮に名を連ねる。さらに、原作者の劉慈欣と原作本の英訳を務めたケン・リウがコンサルティング・プロデューサーとして参加するとのこと。
キャスト情報や配信時期などの詳細についてはまだ明らかになっていないが、Netflixのドラマシリーズの新たな代表作となることは間違いないだろう。続報を楽しみに待ちたい。

文/久保田和馬