『ムーラン』キャストが明かす、唯一無二のヒロインが秘める“葛藤”とは? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/9/6 10:00

『ムーラン』キャストが明かす、唯一無二のヒロインが秘める“葛藤”とは?

ディズニー史上最強のヒロインの活躍を壮大なスケールで描く実写映画『ムーラン』。現在、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて独占配信中の同作より、主人公ムーランのキャラクター像を深掘りしたキャストのコメントが公開された。

国の運命を懸けた戦いに身を投じるムーラン(リウ・イーフェイ)
国の運命を懸けた戦いに身を投じるムーラン(リウ・イーフェイ) [c]2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

本作は、ディズニー・アニメーションの名作『ムーラン』(98)を実写化したファンタジー・アドベンチャー。愛する父親の身代わりとなり、男性と偽りながら国の運命を懸けて戦う勇猛果敢なムーランは、ディズニーのヒロイン像を変革させた唯一無二の存在だ。しかしその一方で、“本当の自分”と“偽りの自分”の間で葛藤を抱える複雑なキャラクターでもある。

ムーランの父ファ・ズーを演じたツィ・マーは、「ムーランは、その時代の“女性らしさ”とはまるで違うスピリッツの持ち主です。ズーはでき得る限りそのムーランの異なったスピリッツを抑えようとします」と明かす。父が愛娘をほかの女性たちと同様に育てようと、ムーラン本来の姿を抑え込もうとしていたという。しかし、ムーランは兵士になることを選択。ますます本来の自分の姿を表に出せない状況のなか、戦い続けることに。

そんなムーランを演じたリウ・イーフェイは、もし女性であることがバレれば自分や家族の身に危険がおよぶという極限状況に置かれるヒロインに対し、「“愛”を優先し続ける姿を尊敬しています」とコメント。また「ある意味、人間以上に人間味のあるキャラクターとしてものすごく深い意味を持った人物だと思います。それに、これほどまでに勇気があって、愛情深くて、そのうえ自分の完璧じゃない部分を受け入れ、それを承知で自分をさらに磨いていきます」と、その魅力を力説している。

戦い続けるムーランはいかにして葛藤を克服するのだろうか?そして物語の行き着く先は?ムーランの奮闘と成長のドラマを、ぜひ見届けてほしい。

文/足立美由紀

関連作品

  • ムーラン

    3.4
    1669
    ディズニーのアニメーション『ムーラン』を実写映画化するファンタジーアドベンチャー
    Amazon Prime Video