ローランド・エメリッヒ監督に直撃インタビュー。『ミッドウェイ』で豊川悦司らに感謝|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/9/20 15:30

ローランド・エメリッヒ監督に直撃インタビュー。『ミッドウェイ』で豊川悦司らに感謝

『ミッドウェイ』のローランド・エメリッヒ監督
『ミッドウェイ』のローランド・エメリッヒ監督Midway [c]2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

『インデペンデンス・デイ』(96)、『2012』(09)などのヒット作で知られるローランド・エメリッヒ監督が、第二次世界大戦において日本の運命を決したミッドウェイ海戦を描く骨太な戦争映画『ミッドウェイ』(公開中)。20年に及ぶ徹底的なリサーチを経て、渾身の一作を放ったエメリッヒ監督を直撃し、本作に懸けた想いを聞いた。

1942年、ハワイ諸島北西のミッドウェイ島に、巨大な航空母艦や、“大和”を含む戦艦、戦闘機、急降下爆撃機、潜水艦などが出動し、日米軍が激闘を繰り広げた。戦地で国のために命を懸けて戦う兵士たちの激戦と、司令官たちの緊迫した頭脳戦に加え、その背景に家族愛のドラマも入れ込んだ本作は、観終わったあとに、戦争の痛ましさと無念さを浮き彫りにする。

ディック・ベスト大尉(エド・スクレイン)率いる米軍兵士たち
ディック・ベスト大尉(エド・スクレイン)率いる米軍兵士たちMidway [c]2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

ミッドウェイ海戦についてエメリッヒ監督は「きっかけは、日本軍による真珠湾の奇襲攻撃だった。そこからつながるミッドウェイ海戦は、情報戦が重要なカギを握ることになる。アメリカ側が、運よく日本側の暗号を解読できたことでアドバンテージを取り、今度は逆に日本軍に奇襲をかけることができたという点が大きかった。ネコとネズミのように、追いつ追われつで戦ったわけだが、要するに、誰がなにをどこまで知っていたかで、勝敗が決まった戦争だった」と捉えている。