松雪泰子、『甘いお酒でうがい』でときめいたシソンヌじろうの脚本「なぜこんなに女性的な感性がわかるのだろう」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
松雪泰子、『甘いお酒でうがい』でときめいたシソンヌじろうの脚本「なぜこんなに女性的な感性がわかるのだろう」

インタビュー 2020/9/27 9:30

松雪泰子、『甘いお酒でうがい』でときめいたシソンヌじろうの脚本「なぜこんなに女性的な感性がわかるのだろう」

『甘いお酒でうがい』で主演を務めた松雪泰子
『甘いお酒でうがい』で主演を務めた松雪泰子撮影/黒羽政士

主演ドラマ「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」でのキレキレな天才工学者役も記憶に新しい松雪泰子の最新主演映画は、お笑い芸人、シソンヌじろうの同名小説を映画化した『甘いお酒でうがい』(9月25日公開)。女優として30年近いキャリアを積んできた松雪が、「作品にじっくりと向き合っていきたいと思っていたなかで出会った作品」と語る本作について、あふれる想いを語ってくれた。

松雪は、2019年にサイモン・ゴドウィン演出の舞台「ハムレット」に出演したが、そこでの経験が大きな糧となったよう。「文学作品を芸術として捉え、丁寧に考察し、解釈する時間を持てたことが大きかったです。準備期間は共演者の方々と戯曲の題材について勉強する毎日でした。それを稽古場に持ち寄り、ほかの俳優さんたちと意見交換をして、舞台を作っていったんです。映像作品も同様に望めるように準備が大切です」。

関連作品

  • 甘いお酒でうがい

    3.7
    458
    シソンヌじろうがコントで演じる登場人物として綴った日記小説を松雪泰子主演で映画化
    Amazon Prime Video