園子温監督と真利子哲也監督が語る、オムニバス映画『緊急事態宣言』の舞台裏|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/10/23 22:03

園子温監督と真利子哲也監督が語る、オムニバス映画『緊急事態宣言』の舞台裏

園子温監督作『孤独な19時』
園子温監督作『孤独な19時』[c] 2020 Transformer, Inc.

コロナ禍で“ウィズコロナ”の生活を余儀なくされているいま、“緊急事態”をテーマに、5人の映画監督が撮ったオムニバス映画『緊急事態宣言』が、Amazon Prime Videoで独占配信中だ。これは、緊急事態宣言が解除されたあとの自粛期間に撮影された作品となっている。本作に参加した『孤独な19時』の園子温監督と、『MAYDAY』の真利子哲也監督に話を聞いた。

『緊急事態宣言』は、Epi1が中野量太監督作『デリバリー2020』、Epi2が『孤独な19時』、Epi3が非同期テック部(ムロツヨシ+真鍋大度+上田誠)監督作『DEEPMURO』、Epi4が三木聡監督作『ボトルメール』、Epi5が『MAYDAY』と、まったく違うアプローチで撮られた短編5本で構成されていて、それぞれの個性がスパークし合っている点もおもしろい。

園監督と真利子監督は共に法政大学出身で、世代が違うから接点はなかったが、同じ映画サークルに属していた。2人が初めて現場で顔を合わせたのは、真利子監督が、園監督作『Strange Circus 奇妙なサーカス』(05)のメイキングスタッフとして参加した時である。2人が揃って取材を受けるのは今回が初となった。

――園監督は、真利子監督についてどんな印象を持っていたのですか?

『孤独な19時』の園子温監督と主演の斎藤工
『孤独な19時』の園子温監督と主演の斎藤工[c] 2020 Transformer, Inc.

園監督(以下、園)「最近、張りのある映画監督が少なくなってきているなかで、真利子くんはそうじゃない。今回、『緊急事態宣言』に真利子くんが参加するということで、じゃあ僕もやってみようかなと思いました」

――真利子監督は、いかがですか?

『MAYDAY』の真利子哲也監督と、日本パートを演じた岩瀬亮と内田慈夫
『MAYDAY』の真利子哲也監督と、日本パートを演じた岩瀬亮と内田慈夫[c] 2020 Transformer, Inc.

真利子監督(以下、真利子)「思えば、園監督の8mmフィルムが、部室のロッカーにあって。」

園「やばい!ちゃんと回収しないと(苦笑)。あんな埃っぽいロッカーで打ち捨てられていたのか」

真利子「その頃はたしか『自殺サークル』の頃ですが、園監督作は、初期の自主制作の作品から観てきて、『紀子の食卓』(05)を観た時にまた驚かされたのを覚えています」

園「ありがとうございます!そろそろ本題にいきましょう」