ジャンル映画の鬼才・藤井秀剛が新作『超擬態人間』に込めたカルト・ホラー愛|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ジャンル映画の鬼才・藤井秀剛が新作『超擬態人間』に込めたカルト・ホラー愛

インタビュー 2020/10/28 17:00

ジャンル映画の鬼才・藤井秀剛が新作『超擬態人間』に込めたカルト・ホラー愛

『超擬態人間』藤井秀剛監督にインタビュー!
『超擬態人間』藤井秀剛監督にインタビュー!

1週間のレイトショーからロングランヒットを記録したミステリースリラー『狂覗』(17)の藤井秀剛監督、並びにスタッフ&キャストが再結集!ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭のアジア映画部門でグランプリを受賞し、すでに世界48ヶ国にて配給、話題を呼んだその『超擬態人間』(10月30日公開)とはどんな作品なのか?藤井監督を直撃した。

「児童虐待をテーマししたスラッシャーホラー」

「ジャンルで言えば『超擬態人間』は、児童虐待をテーマにしたスラッシャーホラーになりますが、海外では『悪魔のいけにえ』(74)や『ザ・チャイルド』(76)に言及されることが多いですね」

前者は説明不要だろう。殺人鬼レザーフェイスが登場する、トビー・フーパー監督のホラー映画のマスターピースだ。後者は知る人ぞ知るナルシソ・イバネッツ・セラドール監督の、未だカルトな人気を誇るスペイン産ホラーである。

「当然、『悪魔のいけにえ』を引き合いに出してもらえることは至福でしたけど、『ザ・チャイルド』はもっと嬉しかったです。なぜならば、僕が目指した映画だったので。ある離島の子供たちが突如集団で反乱しだして、大人を無差別に殺してゆく内容なんですが、今風のわかりやすい映画には背を向けた、深読みも可能な潜在意識に訴えかけてくる作品なんですよ。僕にも子供がいて、児童虐待は許せない現実として目の前にある。でも単に『虐待はダメ!』と声高に叫んでもまったく効力を発揮しない。つまり、表層的ではないアプローチで映画をつくろうと発想できたのは、『ザ・チャイルド』のおかげなんです」

【写真を見る】突如ナマハゲに襲われる!
【写真を見る】突如ナマハゲに襲われる!2018[c]POP CO.,LTD

関連作品

  • 超擬態人間

    2.8
    11
    赤子を抱える男の幽霊の絵から着想を得て幼児虐待をテーマに描く藤井秀剛監督のホラー
    Amazon Prime Video U-NEXT