北川景子主演『ファーストラヴ』にUruが主題歌&挿入歌を提供!本予告も解禁 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/11/9 5:00

北川景子主演『ファーストラヴ』にUruが主題歌&挿入歌を提供!本予告も解禁

第159回直木賞を受賞した島本理生のベストセラー小説を、『望み』(公開中)などの堤幸彦監督が映画化した『ファーストラヴ』(2021年2月11日公開)。本作の主題歌&挿入歌にシンガーソングライターのUruが書き下ろした「ファーストラヴ」と新曲の「無機質」が決定し、本予告と本ポスタービジュアルの解禁とあわせて主演の北川景子からコメントも到着した。

北川景子主演の映画『ファーストラヴ』から、本予告映像と本ポスタービジュアルが到着
北川景子主演の映画『ファーストラヴ』から、本予告映像と本ポスタービジュアルが到着[c]2021「ファーストラヴ」製作委員会

アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な事件を題材にした本作は、事件のノンフィクション執筆を依頼された公認心理師が容疑者と面会を重ねるうちに、自分自身の記憶につながる意外な真相にたどり着くサスペンス。主人公である公認心理師の真壁由紀に北川が扮するほか、彼女を翻弄する容疑者の聖山環菜を芳根京子、由紀とともに事件に迫る敏腕弁護士の庵野迦葉を中村倫也、由紀の夫でカメラマンの真壁我聞を窪塚洋介が演じる。

聞き手を包み込む歌声と神秘的な存在感で注目を集めるUruは、主題歌について「悲しいとか苦しいとか、心の内を言葉に出せずに生きている人も少なくないと思いますが、この映画を観ながら、そのなかで人はなにを求めるのか、“愛”とはなんなのか、この物語のタイトルが『ファーストラヴ』になった理由も考えながら少しずつ言葉を紡いで書いた曲です」と語る。また、北川は「Uruさんの歌声で心の澱が流れていくような、浄化されていくような、そんな不思議な気持ちを皆様にもぜひ感じていただきたい」とコメント。堤監督も「誰もが持つ自分では気づけない心の深いところに溜まった澱を、やさしく救いあげ浄化してくれるUruさんの歌声に、ぜひ包み込まれてください」と語っている。

そんな主題歌「ファーストラヴ」が彩る本予告映像には、狂気に満ちた環菜に翻弄される由紀や迦葉の姿が収められている。さらに物語のキーパーソン4人の表情が印象的な本ビジュアルは、環菜の世界が由紀と迦葉、そして我聞に侵食するイメージで制作。豪華キャスト陣のすごみのある演技と本作のミステリアスな展開に期待が膨らむ仕上がりとなっている。

環菜の過去に触れたことで、由紀が心の奥底にしまい込んだ“愛の記憶”が揺らぎだす。甘いタイトルからは予測もできない、衝撃のラストが待ち受ける本作の続報を楽しみに待ちたい。


タイトルに秘められた事件の真実とは…『ファーストラヴ』徹底解説動画をチェック!


閉ざされた“愛の記憶”の扉が開く…『ファーストラヴ』特集【PR】

関連作品