三浦春馬が演じた“天外者”!日本の繁栄に貢献した偉人、五代友厚とは? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/11/18 7:00

三浦春馬が演じた“天外者”!日本の繁栄に貢献した偉人、五代友厚とは?

幕末から明治初期にかけて日本の未来のために奔走した薩摩藩士、五代友厚の生涯を描く青春群像劇『天外者』(12月11日公開)。本作で三浦春馬が演じた五代が“天外者=凄まじい才能の持ち主”と呼ばれた所以について紐解いていきたい。

【写真を見る】三浦春馬演じる五代友厚の人物像とは?
【写真を見る】三浦春馬演じる五代友厚の人物像とは?[c]2020 「五代友厚」製作委員会

新しい時代の到来をすばやく感じとり、“誰もが夢見ることのできる国を作る”との志のもと近代日本経済の基礎を構築した五代。武士の身でありながらも上海に渡って蒸気船を購入し、海外貿易による商業立国を説き、ヨーロッパを視察するなどして世界の知見を手に入れた彼は、大久保利通らを支えて殖産興業や富国強兵にまい進させた。

明治政府が誕生すると政府の役人となるが、政治や経済の混乱により衰退していた大阪を“東洋のマンチェスター”に発展させるべく実業家に転身。明治11年には大阪に商法会議所を設立したほか、貨幣造幣局、電信、鉄道、紡績、鉱山など多くの事業を精力的に手がけ、現在の大阪証券取引所、大阪商工会議所、大阪市立大学といった組織や企業の形成に尽力した。また商法会議所の初代会頭に就任した五代は、同時に株式取引所を開業して大阪財界を復興する。同じころ東京では、渋沢栄一が東京商工会議所の初代会頭を務め、“西の五代、東の渋沢”と呼ばれるようになった。

つまり現代日本の繁栄は、五代と渋沢によって実現したといっても過言ではない。グローバルな視点から時代の一歩先を見据えた五代に、学ぶべきところはたくさんあるのではないだろうか。新型コロナウイルスの危機に瀕するいまだからこそ、激動の日々を駆け抜けた薩摩の男の生き様を感じてほしい。

文/トライワークス

関連作品

  • 天外者

    4.7
    1284
    三浦春馬主演で大阪商工会議所の初代会頭を務めた実業家、五代友厚の物語を映画化