トム・フェルトン、公開20年目に「ハリポタ」第一作鑑賞で思わず涙目に?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
トム・フェルトン、公開20年目に「ハリポタ」第一作鑑賞で思わず涙目に?

映画ニュース 2020/12/3 21:30

トム・フェルトン、公開20年目に「ハリポタ」第一作鑑賞で思わず涙目に?

「ハリー・ポッター」シリーズでドラコ・マルフォイ役を演じたトム・フェルトンは、シリーズ公開から19周年の同窓会を企画するなど、ハリポタ愛で溢れていることで有名だが、2001年11月に全英公開されたシリーズ第一弾『ハリー・ポッターと賢者の石』を約20年ぶりに鑑賞したようだ。

11月30日に、Instagramのライブストリーミングのラウンド1として、愛犬ウィローの前でギター片手に歌を披露した後、ファンとともに『ハリー・ポッターと賢者の石』の冒頭から11分11秒間だけ鑑賞した様子を捉えた動画や、12月2日に行ったラウンド2の動画を投稿。

ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフを見て、「見て、彼は5歳くらいに見えるよ」とコメントしたり、手で顔を触るなど落ち着かない様子を見せていたトム。胸にぐっとくるものがあった様子で、どことなく涙目になっている瞬間も捉えられており、ファンは改めてハリポタ愛の深さを見せたトムの虜になってしまったようだ。

また、11月14日に「トム・フェルトンのホームパーティ」と題したライブストリーミング配信をveepsで行ったトムは、今度は12月26日にホームパーティを開催するとInstagramで予告。来年のシリーズ第一弾公開20周年にむけて、今後様々なサプライズイベントも用意されているようで、ファンにはたまらない1年になりそうだ。

NY在住/JUNKO