深田恭子ら“Lの一族”がスクリーンに!レギュラーキャスト全員続投で『ルパンの娘』映画化決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/3 23:00

深田恭子ら“Lの一族”がスクリーンに!レギュラーキャスト全員続投で『ルパンの娘』映画化決定

豪華キャスト陣が全力でふざける振り切った演技に挑み、本格的なアクションと大胆なパロディなど独特の世界観で大きな話題を集めているフジテレビ系列のテレビドラマ「ルパンの娘」が、2021年に映画化されることが決定。3日に放送された第8話の終了後に発表された。

横関大の同名小説シリーズを原作にした本作は、深田恭子演じる代々続く泥棒一家“Lの一族”の娘である三雲華と、瀬戸康史演じる警察一家の息子である桜庭和馬の禁断の恋を描いた“現代版ロミオとジュリエット”。2019年7月から放送されたシーズン1が好評を博し、2020年10月からは橋本環奈演じる名探偵一家の娘である北条美雲が加わりシーズン2の放送がスタート。「鬼滅の刃」など、トレンドを取り入れたパロディと想像の斜め上をいく展開に、毎週SNSは大盛り上がりとなっていた。

今回の映画化決定にあたって、フジテレビの稲葉直人プロデューサーは「これまで2シーズンもやっておいてなんですが、この『ルパンの娘』は映画向きの企画だと思っていました。正直に言うと、映画になってくれと念じながら企画したことを覚えています」と明かし、「コロナ禍での撮影は正直大変ですが、疲れた方々の心を少しでもホッとさせたいという思いで制作に挑んでいます。ドラマを熱心に視聴していただいている方々はもちろん、いままでドラマを観ていただけてなかった方々にも思いっきり楽しんでもらえる映画を作ろうと思います」と意気込みを語った。

深田や瀬戸、橋本はもちろん、渡部篤郎、小沢真珠、栗原類、どんぐり、小畑乃々、麿赤兒といった三雲家の面々。信太昌之とマルシア、藤岡弘、(特別出演)の桜庭家、そして我修院達也に大貫勇輔と、お馴染みのレギュラーキャストが映画版でも続投。また監督と脚本には、『翔んで埼玉』(19)で第43回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した武内英樹監督と、同じく最優秀脚本賞を受賞した徳永友一の強力コンビが再タッグ。

テレビドラマでもラブコメからアクション、ミュージカルと“なんでもあり”だった「ルパンの娘」は、スクリーンでどんな破天荒な展開を見せてくれるのか。2020年12月中旬にクランクイン予定とのことで、続報を楽しみに待ちたい!

文/久保田 和馬

関連作品

  • 翔んで埼玉

    3.8
    343
    埼玉県を徹底的に見下すセリフで話題の漫画を二階堂ふみとGACKTのW主演で実写化