時代を築いたスターから、ファンを虜にした名匠も…2020年に去った映画人を偲ぶ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/12/31 22:30

時代を築いたスターから、ファンを虜にした名匠も…2020年に去った映画人を偲ぶ

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が未曾有の事態に直面。各国で映画館や劇場、ライブ会場が閉鎖され、エンタテインメントの在り様が大きく変容を遂げた2020年。今年はまた、多くの映画関係者がこの世を去った年でもあった。
本稿では、故人への哀悼の意を表しながら、<俳優・声優>と<映画監督・スタッフ>に分けて、簡潔ではあるが、今年逝去された映画人たちの功績を振り返っていきたい。

俳優・声優

宍戸錠 (俳優・86歳・1月18日)
“エースのジョー”として愛された、1960年代の日活映画を代表するスター。後年はテレビドラマ、バラエティ番組にも数多く出演し、お茶の間でも親しまれた。最後の出演映画は2012年に公開された『ファイナル・ジャッジメント』となった。

カーク・ダグラス(俳優・103歳・2月5日)

ハリウッドのレジェンド、カーク・ダグラスは103歳の大往生
ハリウッドのレジェンド、カーク・ダグラスは103歳の大往生写真:SPLASH/アフロ

スタンリー・キューブリック監督の『スパルタカス』(60)など数多の名作に出演したハリウッドのレジェンド。2003年には息子のマイケル・ダグラス、孫のキャメロン・ダグラス、元妻のダイアナ・ダグラスと共演した『グロムバーグ家の人々』が公開された。

マックス・フォン・シドー(俳優・90歳・3月8日)

『エクソシスト』から『SW』「ゲースロ」など、錚々たる作品に出演してきた名優マックス・フォン・シドー
『エクソシスト』から『SW』「ゲースロ」など、錚々たる作品に出演してきた名優マックス・フォン・シドー写真:SPLASH/アフロ

イングマール・ベルイマン監督の作品で注目を浴び、『エクソシスト』(73)のメリン神父役がもっとも有名な北欧スターの先駆。晩年も精力的に活動し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)や「ゲーム・オブ・スローンズ」といった話題作にも出演した。

宮城まり子(俳優・93歳・3月21日)
歌手を経て、日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』(58)での白娘役、そして大映映画の傑作『黒い十人の女』(61)などで女優として活躍。芸能活動引退後は福祉事業家として活動した。

志村けん(コメディアン・70歳・3月29日)
ザ・ドリフターズのメンバーとして活躍した、日本を代表するコメディアン。1970年代にはザ・ドリフターズの映画シリーズに出演し、高倉健から直々のオファーを受けて『鉄道員』(99)で本格的に俳優に挑戦。出演を辞退した『キネマの神様』(2021年4月16日公開予定)は、それ以来の映画出演にして初主演作となるはずだった。

藤原啓治(声優・55歳・4月12日)

「クレヨンしんちゃん」で野原ひろし役を務めていた藤原啓治
「クレヨンしんちゃん」で野原ひろし役を務めていた藤原啓治撮影/成田 おり枝

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役を24年務めたほか、「アベンジャーズ」シリーズのトニー・スターク/アイアンマン役などロバート・ダウニー・Jr.の吹替え声優などを務めるなど、数多くの作品で忘れがたい演技を見せた。2016年に病気療養で休養し、翌年に活動を再開していた。

岡江久美子(俳優・63歳・4月23日)
2014年まで放送されていた情報番組「はなまるマーケット」をはじめ、数多くのテレビドラマに出演。映画出演は『猫の恩返し』(02)や『アオハライド』(14)など。生前出演していた『車線変更-キューポラを見上げて-』が2021年に公開予定。

イルファーン・カーン(俳優・53歳・4月29日)

数多くのハリウッド映画で印象的な演技を見せてくれたインドのスター、イルファーン・カーン
数多くのハリウッド映画で印象的な演技を見せてくれたインドのスター、イルファーン・カーン写真:SPLASH/アフロ

1980年代から地元インドの映画に多数出演し、『その名にちなんで』(06)以降国際的に活躍。『アメイジング・スパイダーマン』(12)や『ジュラシック・ワールド』(14)などに出演した。

イアン・ホルム(俳優・88歳・6月19日)
リドリー・スコット監督の『エイリアン』(79)や、アカデミー賞受賞作『炎のランナー』(81)などで注目を集めた。2001年からは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでビルボ・バギンス役を演じていた。

三浦春馬(俳優・30歳・7月18日)

【写真を見る】『天外者』などの出演作と、忘れがたい笑顔を遺して旅立った三浦春馬ほか、2020年に亡くなったすべての映画関係者に思いを馳せて
【写真を見る】『天外者』などの出演作と、忘れがたい笑顔を遺して旅立った三浦春馬ほか、2020年に亡くなったすべての映画関係者に思いを馳せて撮影/久保田 和馬

子役時代から活躍し、17歳の頃に『恋空』(07)などで注目を集め人気俳優の仲間入り。俳優業だけでなく、その美声を生かして歌手としても活躍。『天外者』(公開中)をはじめ、2021年公開予定の『ブレイブ 群青戦記』など、今後も出演作の公開が控えていた。

オリヴィア・デ・ハヴィランド(俳優・104歳・7月26日)
不朽の名作『風と共に去りぬ』(39)のメラニー役で知られ、同作の主要キャストで唯一の存命者だったハリウッドの伝説。1916年に東京で生まれ、『遥かなる我が子』(46)と『女相続人』(49)でアカデミー賞主演女優賞を獲得した。

渡哲也(俳優・78歳・8月10日)
日活のスター候補としてデビュー後、石原プロモーションに入社。石原裕次郎の死後は2代目社長として石原プロの発展に尽力。「西部警察」シリーズや『仁義の墓場』(75)など、数多くのドラマ・映画で活躍した。

チャドウィック・ボーズマン(俳優・43歳・8月28日)

チャドウィック・ボーズマンの早すぎる死には、世界中から哀悼のメッセージが寄せられた
チャドウィック・ボーズマンの早すぎる死には、世界中から哀悼のメッセージが寄せられた写真:SPLASH/アフロ

2003年に俳優デビューし、マーベル作品『ブラック・パンサー』(18)で主演を務め一躍世界的スターの仲間入り。同作の出演前から闘病生活を続けており、『マ・レイニーのブラックボトム』(Netflixで配信中)が遺作に。奇しくも亡くなった日は、『42〜世界を変えた男〜』(16)で演じたジャッキー・ロビンソンの功績を称える“ジャッキー・ロビンソン・デー”だった。

芦名星(俳優・36歳・9月14日)

2020年1月に公開された『AI崩壊』のプレミアイベントでの芦名星
2020年1月に公開された『AI崩壊』のプレミアイベントでの芦名星撮影/久保田 和馬

ファッションモデルを経て女優へ転身。国際共同製作作品『シルク』(07)でヒロインに抜擢され、その後は映画からドラマまで幅広く活動。2017年からは人気ドラマシリーズ「相棒」にレギュラー出演していた。

竹内結子(俳優・40歳・9月27日)

テレビドラマや映画などで唯一無二の演技を見せてくれた竹内結子
テレビドラマや映画などで唯一無二の演技を見せてくれた竹内結子撮影/成田 おり枝

『リング』(98)でのスクリーンデビューを皮切りに、『いま、会いにゆきます』(04)や「ストロベリーナイト」など、多くの作品でその凛とした魅力を振りまき、代表作を挙げれば枚挙にいとまがない。人気ドラマの劇場版『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が最後の出演作となった。

ショーン・コネリー(俳優・90歳・10月31日)

初代ジェームズ・ボンドとして愛されてきたショーン・コネリー
初代ジェームズ・ボンドとして愛されてきたショーン・コネリー写真:SPLASH/アフロ

「007」シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で知られる名優。『アンタッチャブル』(87)でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、2006年に俳優業の引退を発表。「インディ・ジョーンズ」や「007」などの新作への出演オファーもあったが、復帰には至らなかった。

ダリア・ニコロディ(俳優・70歳・11月26日)
イタリアを代表するホラー監督ダリオ・アルジェントの元妻として知られ、同監督の『サスペリアPART2』(76)や『インフェルノ』(80)などに出演。娘は女優で映画監督などもこなすアーシア・アルジェント。

関連作品

  • オペラ座の怪人

    4.4
    0
    同名の大ヒット・ミュージカルをジョエル・シュマッカー監督が映画化
    Netflix