「ARASHI’s Diary -Voyage-」大晦日の前日に第22話&第23話を配信!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/24 11:00

「ARASHI’s Diary -Voyage-」大晦日の前日に第22話&第23話を配信!

“嵐”の相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の姿に迫るNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」。12月31日の活動休止が迫るなか、同シリーズの第22話&第23話が12月30日(水)17時より配信されることが決定。あわせて、2021年には追加エピソードの配信も決定という嬉しいニュースが到着した。

トータルCDセールス約4,000万枚以上、コンサート動員数約1,400万人以上という前人未到の記録を樹立した“嵐”の「2020年いっぱいで活動休止」という衝撃の発表から約1年。「ARASHI’s Diary -Voyage-」では、そんな嵐の5人の疾走感あふれる日常、チャレンジし続ける姿を全世界に向け発信し、大きな反響を呼んでいる。

12月30日(水)17時より配信となる第22話「2020年12月31日に向かう 前編」では、「アラフェス2020 in 国立競技場」の配信を終えた彼らが、休止前最後の雑誌取材やレギュラー番組収録にも取り組みながら、初の生配信ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31.」に向けて連日ミーティングを重ねていく姿を追う。今、このタイミングでみんなに届けたいメッセージを、笑顔で前へと願い、今、この時を刻み付けるように楽しむ5人の姿が印象的だ。

同時配信される第23話「2020年12月31日に向かう 後編」は、全編嵐5人のインタビューで構成。それぞれの姿を正面と横から捉えるカメラワークのみで映し出し、純度100%の嵐5人の言葉と思いを掬いとることができる。収録は2020年の12月上旬。ほぼ時差のないリアルな嵐の思いを聞くことができるのも、このドキュメンタリーの見どころだ。


嵐のラストステージ、そして彼ら初となる生配信ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31.」。休止前最後にして最大の嵐のチャレンジをリアルタイムで見届け、5人からのメッセージをしっかりと受け取るためにも、第22話&第23話は必見だ。

文/タナカシノブ