厳選コスプレ20組!「まどマギ」から「鬼滅の刃」まで、過去10年の“トレンド”振り返り |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/12/30 21:30

厳選コスプレ20組!「まどマギ」から「鬼滅の刃」まで、過去10年の“トレンド”振り返り

リアルイベントとしての「コミックマーケット」は夏冬ともに中止となってしまったものの、あす31日(木)まで、オンラインでは「エアコミケ2」が実施中。こちらは自宅にいながらでも新刊の同人誌を購入できたり、ハイレベルなコスプレ写真を閲覧できたりする催しで、SNS上でも大盛り上がりとなっている。

これを受けてMOVIE WALKER PRESSでは、「コミケ」をはじめ、過去10年間のうちに取材参加したイベントで見つけたコスプレイヤーのなかから、“2010年代+2020年を象徴する作品”のキャラクターに扮した美女たちをピックアップ!写真と併せて、コスプレのトレンドを紐解くリポート記事をお届けしよう。「エアコミケ2」を楽しみつつ、コスプレの歴史も堪能してほしい。

【写真を見る】「ポケモンGO」から「進撃の巨人」「鬼滅の刃」まで、多彩な作品のコスプレイヤーを20組一挙に紹介!
【写真を見る】「ポケモンGO」から「進撃の巨人」「鬼滅の刃」まで、多彩な作品のコスプレイヤーを20組一挙に紹介!「ポケモンGO」のピカチュウ(擬人化)コスプレでコミケに参加していた泉れおなさん

順を追って見ていくと、2011年は「魔法少女まどか☆マギカ」が大ヒット。テレビアニメの終了後、同作のキャラクターに扮するコスプレイヤーが急増し、現在でも同作及び、世界観を共有するスマホゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のコスプレでイベントに参加するレイヤーは多い。

「魔法少女まどか☆マギカ」の美樹さやかに扮する天音ありぃさん
「魔法少女まどか☆マギカ」の美樹さやかに扮する天音ありぃさん

また同年には、スマホゲームの「アイドルマスター シンデレラガールズ」も配信がスタート。こちらと、同じく“アイドル”を題材にしたテレビアニメ「ラブライブ!」(13)はコスプレ界隈でも人気が爆発し、大勢のレイヤーが両作品のコスプレに挑戦。なかにはダンスの振り付けを覚えて、ライブイベントでパフォーマンスを披露するグループも登場し、そうした風潮はいまでもしっかりと受け継がれている。

「アイドルマスター シンデレラガールズ」の城ヶ崎美嘉に扮する白さん
「アイドルマスター シンデレラガールズ」の城ヶ崎美嘉に扮する白さん

カテゴリー別に細かく見ていくと、2012年以降、アニメでは「ガールズ&パンツァー」(12)や「進撃の巨人」(13)、「Re:ゼロから始める異世界生活」(16)、「けものフレンズ」(17)、「はたらく細胞」(18)などが大ヒット。
「おそ松さん」(15)や「ポプテピピック」(18)といったギャグ要素満載の作品も人気で、イベントでは写真撮影だけでなく、同じ作品が好きなレイヤー同士で集まり、アニメ談義で盛り上がっている姿もよく見かけるようになった。

「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムに扮するLatteさん
「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムに扮するLatteさん

一方、ゲームでは「艦隊これくしょん -艦これ-」(13)をはじめ、「刀剣乱舞-ONLINE-」(15)、「Fate/Grand Order」(15)、「アズールレーン」(17)といった、ブラウザゲーム&スマホゲームのキャラクターに人気が集中。

2016年の「ポケモンGO」リリース時には、ポケットモンスターの擬人化コスプレが流行ったり、「スーパーマリオ」シリーズの擬人化キャラクター、クッパ姫やキングテレサ姫の人気が急上昇したりと、ユニークなコスプレも多く見られた。

「Fate/Grand Order」のマシュ・キリエライトに扮する小柔SeeUさん
「Fate/Grand Order」のマシュ・キリエライトに扮する小柔SeeUさん

また、すでに高い認知度を誇るマンガやゲームの場合、テレビアニメ化やリメイクによって、再びコスプレ人気に火が点く…というケースもあり、「ジョジョの奇妙な冒険」は1部&2部、3部、4部、5部と新シリーズが放送されるたびに、コスプレに挑戦するレイヤーも急増。

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のトリッシュ・ウナに扮する春花さん
「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のトリッシュ・ウナに扮する春花さん

大ヒットRPG「ファイナルファンタジーVII」は2020年にリメイク版が発売されたことで、再びクラウドやティファ、エアリスといったキャラクターに扮するレイヤーが増加。なかにはオリジナル版のコスプレはしたことがなく、今回のリメイク版で「FFVII」は初コスプレという初心者レイヤーも大勢いた。

「ファイナルファンタジーVII」のティファ・ロックハートに扮するカモミールさん
「ファイナルファンタジーVII」のティファ・ロックハートに扮するカモミールさん

マンガ、アニメ、ゲームとは別のカテゴリーになるものの、2016年以降はキズナアイや輝夜月をはじめとしたバーチャルYouTuberに扮するコスプレイヤーも増えていて、その人気は今後も継続するものと見て間違いないだろう。

バーチャルYouTuberの輝夜月に扮する しらゆきさん
バーチャルYouTuberの輝夜月に扮する しらゆきさん

2020年は残念ながら、大規模なイベントが軒並み開催中止となってしまったものの、再び実施されるようになれば、現在、人気沸騰中の「鬼滅の刃」をはじめ、さまざまなアニメ&ゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーが集まり、会場を沸かせてくれることが予想される。

「鬼滅の刃」の竈門禰豆子に扮する うきさん
「鬼滅の刃」の竈門禰豆子に扮する うきさん

ちなみに2021年は、「ワンダーフェスティバル2021[冬]」(2021年2月7日、幕張メッセにて開催)を皮切りに、「AnimeJapan 2021」(2021年3月27日~30日、東京ビッグサイトにて開催)や「コミックマーケット99」(2021年5月2日~5日、東京ビッグサイトにて開催)といったイベントの開催日程がすでに発表されている。
こちらの記事でコスプレに興味を持たれた方は、自身でもコスプレに挑戦して、それらのイベントに参加することを目標に、宅コスでメイクの練習に励んでみる…というのもアリかもしれない!

取材・文/ソムタム田井