南沙良、ミニシアターを巡るVol.6 新宿武蔵野館(後編) |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/1/15 18:00

南沙良、ミニシアターを巡るVol.6 新宿武蔵野館(後編)

「DVD&動画配信でーた」と連動した連載「南沙良、ミニシアターを巡る 彗星のごとく現れる予期せぬトキメキに自由を奪われたいっ」。第6回は新宿武蔵野館さん(後編)。武蔵野興業株式会社・興行部の西島新さんとの対談の模様をお届けします!

「関東近郊では1、2を争う古い映画館です」

南「よく来ます! 先週も、ソフィア・コッポラ監督の『オン・ザ・ロック』を観に来たばかりで」
西島「主演された『もみの家』(20)にも、お客様としていらっしゃいましたよね。そこ(控え室)の壁にサインもしていただいて。その節はありがとうございました(笑)」
南「外観は古いビルですが、館内は意外に明るくてポップですよね」
西島「2016年に耐震補強していますし、それ以外にもちょこちょこリニューアルしてるんですよ。ところで、うちってどれくらいの歴史があると思います?」
南「50年…くらいですか?」
西島「倍の100年です」
南「ええーーー!」
西島「1920年創業です。最初は新宿の別の場所にあって、今のビルに来たのは68年ですけどね。関東近郊では1、2を争うくらい古いんじゃないでしょうか」

【写真を見る】「邦洋新旧関係なく、面白いと思ってもらえる作品を上映します」と話す西島さん
【写真を見る】「邦洋新旧関係なく、面白いと思ってもらえる作品を上映します」と話す西島さん撮影/杉映貴子 ヘアメイク/竹内未夢 スタイリスト/武久真理江 衣装協力/G-Star RAW DIESEL KANGOL STACCATO Jouete

「新宿の“なんでもあり”なところを生かして作品を選びます」

南「編成をご担当されてるんですよね。どういう基準で上映作品を決めてるんですか?」
西島「シネコン以外の劇場さんって、邦画専門とかアジア映画専門とかカラーが決まっているところが多いんですけど、うちはなんでもあり、ごちゃまぜの劇場です。邦洋新旧関係なく、面白いと思ってもらえる作品を上映します」
南「でも、『面白い』って意味が広いですよね。お客さんによっても違うんじゃないですか?」
西島「銀座は年配客が多めとか、渋谷だと若者が多めといった傾向が普通はあるんですけど。ここ新宿にいる人の年齢層ってすごく幅広いんですよ。だから何かしらおもしろそうな作品であれば、必ずどこかの層に引っかかるんです」
南「私、渋谷や原宿はあまり行かないんですが、新宿はよく来るんです。ガヤガヤしてるけど、なぜか居心地が良くて」
西島「紛れられるから、では?」
南「そうかもしれません。あと、渋谷や新宿は若い人が多くて、私にはまぶしすぎるんです(笑)」
西島「(笑)。今後の映画産業のことを考えると、南さんくらいの年齢の方が劇場に来てくれるのが、いちばんありがたいんです。それで言うと、ヒットする映画は必ず若者まで届きます。まず中高年の男性、その後客層がだんだん若くなり、大学生、高校生まで落ちてくるとロングランが確定。南さん主演の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(17)も、そんな感じでした」
南「貢献できてうれしいです! 」

「中野量太監督のゲリラ舞台挨拶が忘れられません(笑)」

南「恒例の質問なんですが、武蔵野館さんで起こった“事件”を教えてください」
西島「『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)公開中の年始に、中野量太監督から『今から京都から東京に戻るんだけど、舞台挨拶していい?』と連絡がありました。当日の当日だったんですが、お客さんには事前告知なしの急ごしらえでやったんですよ。それは良かったんですが、スタッフが間違えて、監督がしゃべってる途中に突然上映が始まってしまったという(笑)」
南「うわあ!」
西島「上映後にお詫びしましたが、ハプニングもネタになって良かったねという話です(笑)。南さんも舞台挨拶で登壇されますよね?」
南「いつも緊張で生きた心地がしません…。気合いで乗り切るんですけど、毎回どこかしら体に不具合が出るんですよ。お腹が痛くなったり、息苦しくなったり(笑)」

南沙良直筆の周辺マップ!
南沙良直筆の周辺マップ!

取材・文/稲田豊史

写真&ひと言コラム:ふかふかの枕で眠りたい

ふかふかの枕で眠りたい
ふかふかの枕で眠りたい

ここ最近は毎朝寒すぎて
布団から脱出するのに時間がかかります。
寒いのはとても苦手ですが、
寒さで染まった赤い鼻の頭はかわいくて好きです。

取材協力/稲田豊史 撮影/杉映貴子 ヘアメイク/竹内未夢 スタイリスト/武久真理江 衣装協力/G-Star RAW DIESEL KANGOL STACCATO Jouete

●新宿武蔵野館
公式サイト http://shinjuku.musashino-k.jp/
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F
電話 03-3354-5670
最寄駅 JR線新宿駅・東京メトロ新宿三丁目駅

●南沙良 プロフィール
2002年6月11日生まれ、東京都出身。
第18回ニコラモデルオーディションのグランプリを受賞、その後同誌専属モデルを務める。
女優としては、映画『幼な子われらに生まれ』(17/三島有紀子監督)に出演し、デビュー作ながらも、報知映画賞、ブルーリボン賞・新人賞にノミネート。
その後、行定勲さんが監督を務めた、ロックバンド・レベッカの17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」(17)のミュージックビデオに主演。
2018年公開の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18/湯浅弘章監督)では映画初主演ながらも、第43回報知映画賞・新人賞、第61回ブルーリボン賞・新人賞、第33回高崎映画祭・最優秀新人女優賞、第28回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞し、その演技力が業界関係者から高く評価される。
2019年は、第30回フジテレビヤングシナリオ大賞・大賞受賞作『ココア』(フジテレビ系)でドラマデビュー&ドラマ初主演を務め、2月8日公開の映画『21世紀の女の子』内の『愛はどこにも消えない』(19/松本花奈監督)、5月17日公開の映画『居眠り磐音』(19/本木克英監督)、8月24日公開の主演映画『無限ファンデーション』(19/大崎章監督)に出演。
2020年は、アーティスト・sumikaの新曲「エンドロール」(20)のショートフィルムで主演を務めるだけでなく、3月4日放送のドラマ『ピンぼけの家族』(BSプレミアム)でヒロイン、3月20日全国公開の映画『もみの家』(20/坂本欣弘監督)で主演、8月放送の大阪発ショートドラマ『これっきりサマー』(NHK)で主演を務める。
12月20日放送の特集ドラマ『うつ病九段』(BSプレミアム)、2021年2月6日放送スタート[全4回]の土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』(NHK)、2021年3月5日公開の映画『太陽は動かない』(21/羽住英一郎監督)、2021年春公開の映画『ゾッキ』(21/竹中直人監督・山田孝之監督・齊藤工監督)、2022年放送の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK/三谷幸喜脚本)への出演を控える。
その他、「キリン 午後の紅茶」イメージキャラクター、ソフトバンク「SoftBank学割」CMキャラクターを務め、現在は江崎グリコ「ポッキー」イメージキャラクターを務める。