創作活動支援プロジェクト『DIVOC-12』新風吹き込む公募監督が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
創作活動支援プロジェクト『DIVOC-12』新風吹き込む公募監督が決定

映画ニュース 2021/1/19 21:30

創作活動支援プロジェクト『DIVOC-12』新風吹き込む公募監督が決定

12人の映像監督による12本の短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』。このたび、本格始動した同プロジェクトの一般公募から選ばれた3名の監督が発表された。

【写真を見る】12 人の映像監督による、12 の物語『DIVOC-12』は2021年公開!
【写真を見る】12 人の映像監督による、12 の物語『DIVOC-12』は2021年公開!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優が継続的に創作活動に取り組めるようにとの意図で立ち上げられた本プロジェクト。“DIVOC”はCOVIDを反対に並べた言葉で、「12人のクリエイターとともに、COVID-19をひっくり返したい」という想いが込められている。それぞれの文字が意味するDiversity(多様性)、Innovation(革新)、Value(新しい価値)、Originality(個性)、Creativity(創造)を軸にプロジェクトが進められ、作品は2021年内に公開予定となっている。

映画制作では『ヤクザと家族 The Family』(1月29日公開)の藤井道人監督、『カメラを止めるな!』(17)の上田慎一郎監督、『Red』(20)の三島有紀子監督ら実力派が中核となって牽引。“成長への気づき”がテーマの藤井監督チームに志自岐希生監督と林田浩川監督、“感触”がテーマの上田監督チームにふくだみゆき監督、中元雄監督、 “共有”がテーマの三島監督チームに山嵜晋平監督、齋藤栄美監督が参加することは発表済みだ。


今回の3名が解禁されたことで12名すべての監督名が出そろった。新たに加わった廣賢一郎監督(藤井チーム)、エバンズ未夜子監督(上田チーム)、加藤拓人監督(三島チーム) が意気込みをコメントしているほか、藤井監督らもその選出理由についてそれぞれ語っている。

本作に集結した個性豊かな12人の監督は、エンターテイメントを届けるという “想い”をどのような映像に仕上げるのか? その閃きに期待しよう。

関連作品

  • DIVOC-12

    3.5
    88
    藤井道人、上田慎一郎、三島有紀子ら12人の映像監督が手掛ける12本の短編映画
    Amazon Prime Video