俳優の遺作、代表作をはじめ映画ファンが思い入れたっぷりに投票した「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2020」結果を総ざらい!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/1/24 15:30

俳優の遺作、代表作をはじめ映画ファンが思い入れたっぷりに投票した「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2020」結果を総ざらい!

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、世界的に映画館が休館となり、公開延期が相次ぐなど大打撃を受けた2020年の映画界だったが、年末には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(公開中)が国内興行収入の歴代記録を塗り替え、エポックメイキングな年となった。そんな紆余曲折があった2020年は、どのような作品に注目が集まり、人々に感動を与えたのか?MOVIE WALKER PRESSでは、年末にスペシャルサイト「映画人が選ぶ、ベスト映画2020」を開設。あわせて「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2020」と題し、ユーザーから“グッと来た”映画を募集した。その結果を、回答者の印象的なコメントとあわせて発表していきたい!

三浦春馬が主演した『天外者』が堂々の1位に!

1位に輝いたのは、昨年7月に惜しまれつつも急逝した三浦春馬が主演した『天外者』(公開中)。本作は、幕末から明治初期にかけて奔走し、商工業の組織化、信用秩序の再構築を図るなど、日本の経済発展に貢献した五代友厚を主人公とする青春群像劇で、五代を三浦が熱演したほか、坂本龍馬役で三浦翔平、岩崎弥太郎役で西川貴教、伊藤博文役で森永悠希らが出演した。

「三浦春馬さん演じる五代友厚を周りのキャストがサポートしつつ、しっかりそれぞれの人物も違和感なく演じられている。鑑賞回数を重ねるごとに理解も深まり、何度も観たくなる。こんな映画に出会えたのは久々です」(40代・女性)

「歴史に埋もれてしまった100年後の日本を夢見た五代友厚を三浦春馬さんが熱く演じています。殺陣もすばらしく、演技の幅も広く最後の演説は圧巻でした」(50代・女性)

「人が人の想いを繋いでいくことの大切さ、尊さを学びました。幕末に活躍した五代友厚や坂本龍馬のような大きなことは成し得ないでしょうけれど、自分自身の思いや願いが誰かに繋がり、なにか形を成すかもしれない」(40代・女性)

欧米列強の脅威が迫るなか、日本の未来を見据えて尽力した五代たちの熱い思いがビシバシ伝わってくる作品で、本作を鑑賞した人からもキャスト陣の演技を絶賛する声が続出している。

【写真を見る】栄えある1位に輝いたのは、三浦春馬が主演した『天外者』
【写真を見る】栄えある1位に輝いたのは、三浦春馬が主演した『天外者』[c]2020 「五代友厚」製作委員会

草なぎ剛がトランスジェンダー役に挑んだ『ミッドナイトスワン』

続く2位には、『ミッドナイトスワン』(公開中)がランクイン。トランスジェンダーとして身体と心の葛藤を抱えて生きる主人公が、バレエダンサー志望の少女と出会い、疑似親子的な関係を深めていく物語で、草なぎ剛がトランスジェンダーという難役に挑んだ。

「ゆっくりと築き上げられる主演2人の関係性、運命と向き合い突き進む姿が、あまりにも美しい。“人間の美しさ"の本質を考えさせられ、不器用ながらも人と人がコネクトしてく様から、『自分は一人じゃない』と鼓舞される作品でした!」(30代・女性)

「何回観ても異なる感情が湧きでてきて、とても感動した映画だった」(50代・女性)

「初めて観た時の衝撃が忘れられない。心にのしかかるものがなんなのか、自分でもつかみきれないくらいいろいろなことを考え眠れなくなるほど。草なぎさん、服部(樹咲)さんらキャスト全員の演技がすばらしく、美しい映像、音楽と共に忘れられない1本になりました」(40代・女性)

キャスト陣の演技を中心に感銘を受けたというコメントが数多く集まった一方で、複雑なテーマを受け止めきれないという声も。しかし、そのことが作品について深く考える要因にもなっており、胸にしっかりと焼きついて離れないようだ。

草なぎ剛がトランスジェンダーという難役に挑んだ『ミッドナイトスワン』
草なぎ剛がトランスジェンダーという難役に挑んだ『ミッドナイトスワン』[c]2020 Midnight Swan Film Partners

“時間逆行”が話題のクリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』


クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』(20)は3位という結果に。海外の大作、注目作が次々と公開延期となるなか、劇場での上映にこだわるノーラン監督の強い希望もあり、公開が実現した。第三次世界大戦を止めるために奮闘する名もなきエージェントの活躍を描いたスパイアクションで、順行する映像と“時間逆行”によって巻き戻る映像が入り乱れた圧巻の映像世界も大きな話題となった。

「最高の時間ミステリーでありスパイ映画でした。このご時世に劇場で公開してくれたノーラン監督に感謝です」(60代・女性)

「久しぶりに何度も映画館に通った映画。内容もさることながら、映像もすばらしいので、何度も観たい映画の一つになった」(30代・男性)

IMAXカメラで撮影された本作については、大きなスクリーンで映画を鑑賞する喜びや作品への没入感に浸れる点など、大迫力の映像に興奮を抑えきれないといった声がたくさん。ストーリーも複雑で、一度観ただけでは理解できない人も多く、それが劇場に何度も足を運ぶきっかけにつながっている。作品が発表されるたびに高い期待をかけられるノーランらしい感想となった。

第三次世界大戦を止めるべく奮闘するエージェントの活躍を描く(『TENET テネット』)
第三次世界大戦を止めるべく奮闘するエージェントの活躍を描く(『TENET テネット』)Tenet [c] 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


BEST MOVIES「映画人が選ぶ、ベスト映画2020」


「映画ファンが選ぶ、ベスト映画2020」の順位は以下の通り
1位『天外者』
2位『ミッドナイトスワン』
3位『TENET テネット』
4位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
5位『きみの瞳(め)が問いかけている』
6位『ワンダーウーマン 1984』
6位『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』
6位『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
9位『浅田家!』
9位『パラサイト 半地下の家族』
9位『ジョジョ・ラビット』

■『TENET テネット』
Blu-ray&DVDセット(3枚組/ボーナス・ディスク付) 発売中
価格:4,527円+税
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント

関連作品