トム・ハンクス主演の人間ドラマから中国版「陰陽師」まで、2月のNetflix注目作をチェック!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
トム・ハンクス主演の人間ドラマから中国版「陰陽師」まで、2月のNetflix注目作をチェック!

コラム 2021/2/11 21:30

トム・ハンクス主演の人間ドラマから中国版「陰陽師」まで、2月のNetflix注目作をチェック!

おうちで“好きな時に好きなデバイスで観られる”動画配信(VOD)サービスNetflix。映画やドラマ、ドキュメンタリーまで、オリジナルコンテンツを多数そろえた豊富なラインナップの中から、2月に配信スタートとなる注目作をご紹介!

トム・ハンクス主演の渋い人間ドラマなど要チェックの映画たち

10日から配信中の『この茫漠たる荒野で』は、名優トム・ハンクスと『ボーン・スプレマシー』(04)といった作品で知られるポール・グリーングラス監督が、『キャプテン・フィリップス』(13)以来となるタッグを組んだ人間ドラマだ。

南北戦争後を舞台に、ニュースの読み聞かせを生業とし各地を多転々としていた退役軍人が、旅の途中で出会った孤児の少女を新たな家族の元へ送り届けるため、テキサスを南下していくというストーリー。人間と自然の両方から突き付けられる、数々の厳しい試練にさらされる過酷な旅路が描かれていく。

全米図書賞の最終候補に選出されたポーレット・ジルズのベストセラー小説「News of the World」を原作に、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(16)で第89回アカデミー賞脚色賞にノミネートされたルーク・デイヴィスが、グリーングラス監督とともに脚本を担当しており、クオリティに期待が持てる1作だ。

【写真を見る】ゼンデイヤとジョン・デヴィッド・ワシントンが共演の『マルコム&マリー』などNetflixの注目作をチェック!
【写真を見る】ゼンデイヤとジョン・デヴィッド・ワシントンが共演の『マルコム&マリー』などNetflixの注目作をチェック!Netflixオリジナル映画『マルコム&マリー』は2月5日(金)から独占配信

5日より配信となったのが、『グレイテスト・ショーマン』(17)や「スパイダーマン」シリーズの若手女優ゼンデイヤと、『ブラック・クランズマン』(18)に『TENET テネット』(20)と話題作での主演が続くジョン・デヴィッド・ワシントンが共演する全編モノクロのラブロマンス『マルコム&マリー』だ。

手掛けた映画のプレミア上映を終えた映画監督と恋人が自宅で批評家の反応を待っていたところ、2人の間に問題が浮上し、愛の強さを試されることに…。監督・脚本は『レインマン』(88)などのバリー・レヴィンソンの息子で、HBOとA24制作のドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」で、ゼンデイヤに史上最年少でのエミー賞ドラマ部門の最優秀主演女優賞をもたらしたサム・レヴィンソンが担当。期待の才能が集まった1作となっている。

シリーズ第3弾となる『好きだった君へ: これからもずっと大好き』では、ふたりの関係に変化が…
シリーズ第3弾となる『好きだった君へ: これからもずっと大好き』では、ふたりの関係に変化が…Netflixオリジナル映画『好きだった君へ: これからもずっと大好き』は2月12日(金)から独占配信

また、人気シリーズという意味でも間違いないのが、12日(金)から楽しめる『好きだった君へ: これからもずっと大好き』だ。『好きだった君へのラブレター』(18)、『好きだった君へ: P.S.まだ大好きです』(20)に続くシリーズ第3弾となる本作では、卒業を間近に控え、大学生活に備える女子高生のララは、家族や友人、そして恋人ピーターとの関係を考えることに…。

1作目では撮影監督を、前作からは監督を務めているマイケル・フィモリナが、今作でもメガホンを握っている点も安心。偽のカップルから始まった2人の関係がどうなっていくのか、見届けたいところだ。

アジアの才能が結集したファンタジーなど世界各国の映画をチェック!

夢枕獏の小説をアジア屈指の才能たちが映像化した『陰陽師: とこしえの夢』
夢枕獏の小説をアジア屈指の才能たちが映像化した『陰陽師: とこしえの夢』Netflixオリジナル映画『陰陽師: とこしえの夢』は2月5日(金)から独占配信

世界各国の映画をオリジナル作品として配信してくれるのがNetflixのうれしいところ。5日配信の『陰陽師: とこしえの夢』は、過去に日本でも映画化された夢枕獏の「陰陽師」を実写化した中国産ファンタジー。若き陰陽師の安倍晴明の戦いを新たな世界観で描く。


数百年に一度目覚める強大な不死の魔物に、4人の陰陽師が守護神を召喚し立ち向かうも、1人が殺されてしまう。残った3人は死の真相を突き止め、都の安全を守るため新たな陰陽師を任命しようとするが、その混乱の一方で姫が関わる陰謀が明らかになっていく。

グオ・ジンミン監督、マーク・チャオ、ダン・ルンら中華圏で活躍する人材に加え、日本から『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)など知られる作曲家の川井憲次が音楽として、韓国から『Okja/オクジャ』(17)、『スノーピアサー』(13)といった作品を手掛けてきたスタジオ、4th Creative Partyが特殊効果で参加。アジア最高峰のチームが結集した見逃せない一本だ。

台湾の気鋭監督ホアン・シンヤオによるコメディ『同級生マイナス』
台湾の気鋭監督ホアン・シンヤオによるコメディ『同級生マイナス』Netflixオリジナル映画『同級生マイナス』は2月20日(土)から独占配信

20日(土)から見ることができる『同級生マイナス』は、台湾の気鋭監督ホアン・シンヤオによるコメディ。ティーショップに集う常連4人の同級生中年男たちを主人公に、それぞれ問題を抱えている彼らの、自立しながらも絡み合う複雑な人生模様が描かれていく。

謎の殺人者につけ回される夫婦の姿を描くスウェーデン産スリラー『赤い光点』
謎の殺人者につけ回される夫婦の姿を描くスウェーデン産スリラー『赤い光点』Netflixオリジナル映画『赤い光点』は2月11日(木)から独占配信

11日からはスウェーデンのスリラー『赤い光点』が配信開始。ケンカばかりの結婚生活をリセットしようとスキー旅行へとやってきた若い夫婦が、子どもが生まれることがわかった矢先に、姿の見えない殺人者にねらわれてしまう。

『デュアル・ラブ』はポーランド産のラブコメディ
『デュアル・ラブ』はポーランド産のラブコメディNetflixオリジナル映画『デュアル・ラブ』は2月11日(木)から独占配信

同じく11日には、ポーランド発のロマンティックコメディ『デュアル・ラブ』も配信スタート。女たらしで有名なジャーナリストが、父の借金返済のためにフォトモデルをするミステリアスな教師と出会い、彼女に恋したことをきっかけに、自らの生き方を見つめ直していく姿が描かれる。

関連作品