芳根京子が世界初の不老不死の女性に!?SF小説を映画化『Arc アーク』公開決定&特報解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/2/9 8:00

芳根京子が世界初の不老不死の女性に!?SF小説を映画化『Arc アーク』公開決定&特報解禁

『愚行録』(17)、『蜜蜂と遠雷』(19)で国内外より高い評価を受ける石川慶監督の新作映画『Arc アーク』が6月25日(金)より公開されることが決定。『ファーストラヴ』(2月11日公開)の芳根京子を主演に、寺島しのぶ、岡田将生、倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫が共演する同作より、特報、ティーザービジュアル、場面写真が解禁された。

【写真を見る】遺体を生きていた姿のまま保存するボディワークスの仕事に就くリナ(芳根京子)
【写真を見る】遺体を生きていた姿のまま保存するボディワークスの仕事に就くリナ(芳根京子)[c] 2021 映画「Arc」製作委員会

2011年に発表された短編「紙の動物園」でSF・ファンタジーの権威であるネビュラ賞、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞という史上初の三冠受賞を遂げた作家、ケン・リュウの短編小説「円弧」を映画化した本作は、人類ではじめて永遠の命を得た女性の人生を描かれる。そう遠くない未来、放浪生活を送っていたリナは、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術する“ボディワークス”の応用技術によって30歳の姿のまま不老不死の体に。そんな彼女が、100年を越える年月を経てたどり着く境地とは?脚本は、女性層より高い支持を得た『愛がなんだ』(18)の澤井香織が手がけ、原作の息を飲むような斬新さを石川監督が鮮やかに映像へ落とし込んでいる。

不老不死となるリナを芳根が演じるほか、リナのボディワークスの師エマに寺島が、ボディワークスを応用、不老不死の技術を完成させる科学者でエマの弟・天音を岡田がそれぞれ演じる。さらに倍賞、風吹、小林ら実力派が空想科学の世界に人間味と情感を与える役柄で脇を固める。本作について芳根は「生きていることを特別なものと思えるようになりました」と、岡田は「後悔のないように必死に生きる姿は、やはり尊くそして綺麗」とそれぞれ物語を通して感じた思いをコメント。、寺島も「不思議な作品になっている」と語り、本作の独特な世界観を感じさせる。

解禁された特報では、リナが独特なボディワークスを行う躍動感あるシーンから始まる。会見で不老不死の実現を発表する天音、そして永遠の命を得たリナの姿が描かれ、不老不死の世界に突入した人々の葛藤や困惑を切り取りながら、映像は美しい旋律に乗せて「私は世界に触れる」という意味深なコピーへ続く。

生と死という壮大なテーマを描く『Arc アーク』、円弧という意味のタイトルの意味するものとは?特報後半部のモノクロ映像など謎の多い本作、今後のさらなる続報にも期待が高まる。