「ゴジラ」新作アニメのビジュアル解禁に「トムとジェリー」の企画展開催など…2週間の新着アニメNewsをまとめ読み!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/2/23 21:30

「ゴジラ」新作アニメのビジュアル解禁に「トムとジェリー」の企画展開催など…2週間の新着アニメNewsをまとめ読み!

2月上旬に発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声とともにおさらい。「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」やスタジオジブリ最新作『アーヤと魔女』など、人気アニメに関する新情報を中心にご紹介する!

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」より、“ゴジラ”のビジュアルが解禁!

2021年4月よりTOKYO MXほかで放送スタートし、Netflixでも全世界独占配信(日本先行)される「ゴジラ」シリーズの完全新作のテレビアニメ「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」。過去作とは異なるオリジナルストーリーが全13話で展開される本作より、劇中に登場する新たな“ゴジラ”のデザイン画が公開となった。

【写真を見る】「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」より、ゴジラのデザインビジュアルが公開に
【写真を見る】「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」より、ゴジラのデザインビジュアルが公開に[c] 2020 TOHO CO., LTD.

本作でゴジラをはじめ怪獣たちのデザインを手掛けるのは、『もののけ姫』(97)や『千と千尋の神隠し』(01)など多くのスタジオジブリ作品に参加してきたアニメーターの山森英司。今回公開されたゴジラのデザインビジュアルは、山森が描き下ろしたほか、同じく本作のコンセプトアートを担当し、これまでに「リトルウィッチアカデミア」や「キルラキル」といった作品で美術監督を務めた金子雄司が着彩している。

この迫力あるデザインのゴジラが、ボンズと共に本作のアニメーション制作を手掛けるスタジオ・オレンジによるハイクオリティなCGによって、どのように動かされるのか要注目だ。

デザインとあわせて、山森からのコメントも到着。怪獣たちのデザインについて、「CGということで、着ぐるみでは不可能な骨格にし、生物学的にも変じゃない巨大な生き物を意識しています。そのうえで原点回帰してモチーフからの再デザインだったり、歴代東宝怪獣をオマージュして取り入れたりしました」と説明。続けて、ゴジラへのこだわりを「なにより初代のデザインモチーフを念頭に置き、絶対に人類と意思疎通などできない、畏怖すべき生き物としての威厳を持たせることです。初期の昭和ゴジラのイメージを統合し、それでいて新しい初めて見る姿を目指しました」と語っている。

スタジオジブリ最新作『アーヤと魔女』の劇場公開が決定!

スタジオジブリの最新作で、宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督をそれぞれ務めた『アーヤと魔女』が4月29日(木・祝)に劇場公開されることが決定。本作の予告映像とポスタービジュアルが解禁となった。

スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション『アーヤと魔女』
スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション『アーヤと魔女』[c]2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

『ハウルの動く城』(04)の原作者でもあるイギリスの小説家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる同名小説を、スタジオジブリとして初のフル3DCGアニメーションで映像化した本作。主人公は、魔法を教えてもらうことを条件に、魔女ベラ・ヤーガの助手として働き始めることになったアーヤ。しかし、日々こき使われるばかりで魔法を教えてもらえないことに不安を爆発させた彼女が、魔法の秘密を知る黒猫トーマスの力を借りながら反撃を開始するという物語が展開される。

このニュースを知った人からは、「テレビでも観たけど映画館でもちゃんと観る!」や「映画館で観たら、音楽がもっと迫力あるんだろうな」、「映画館のスクリーンや音響設備で観る『アーヤと魔女』、とても楽しみです!」といったコメントがSNSにアップ。昨年末にテレビ放送された際に本作を観ていいた人も多く、まさかの劇場公開に驚いている様子が伝わってくる。

関連作品