「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」港区ロケへの道を立役者たちが語る!「ドラマを通じて街の魅力を全国に発信する」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/3/6 19:00

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」港区ロケへの道を立役者たちが語る!「ドラマを通じて街の魅力を全国に発信する」

“恋愛小説の女王”と呼ばれる小説家でシングルマザーの水無瀬碧(菅野美穂)と、漫画オタクな20歳の女子大生、空(浜辺美波)たちの恋模様を描くドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系・毎週水曜22時~放送中)。恋愛ドラマのベテランである北川悦吏子が脚本を手掛け、菅野美穂と浜辺美波が仲のよい“トモダチ母娘”を演じる本作の舞台は、東京都の港区だ。地域そのものがストーリーに深く関わってくる作品だけに、撮影にあたっては港区が全面協力し、区内の様々なスポットでロケを実現。港区の魅力が満載のドラマとしても話題を集めている。

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』は日本テレビ系列で毎週水曜22時~放送中
『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』は日本テレビ系列で毎週水曜22時~放送中[c]NTV

都心でのロケは警察や施設管理者との調整が必要なため難しいとも言われるなか、いかにして東京で撮影を進めているのか?今回、本作の制作を担当している日テレ アックスオンの木村義明、港区区長室報道企画担当の本城典子、映画やドラマのロケ撮影をサポートする組織、東京ロケーションボックスの遠藤肇に集まってもらい、制作秘話について聞いた。

「東京でのロケは制限が多く、都心部に近くなるほど大変」(木村)

――港区でロケを行うことになった経緯を教えてください。

木村義明(以下、木村)「まず本作の脚本を読んで真っ先に感じたのは、これは脚本家、北川悦吏子さんご本人の話だということ。彼女自身が長年暮らしてきた港区という場所をリアルに描いているなと思いました。それで我々も、脚本に忠実な場所で撮るべきだろうと判断して準備を始めたんです。ただ、東京でのロケにはいろいろな制限が多く、都心部に近くなればなるほど大変なんです。今回は、どうしても港区で撮影することで生まれるリアリティが必要だと思い、都内でのロケ撮影をサポートされている東京ロケーションボックスさんにご相談しました」

遠藤肇(以下、遠藤)「脚本上では、架空の町“港区すずらん町”となっていますが、明らかにすずらん商店街=麻布十番商店街という内容ですもんね(笑)」

木村「脚本に登場するものすべて、実在するものとイコールなものばかりでしたからね。もう嘘のつきようがないなと」

遠藤「港区の象徴である東京タワーを背景にした画を撮るためには、どうしても港区立芝公園での撮影が必要になります。でも、区立公園でのロケは許可を取るのがとても難しいんです。そこで、日本テレビのプロデューサー陣と一緒に港区役所に伺って『ぜひ港区とタッグを組んでドラマを作りたい』と話をさせていただきました。そうして港区でのロケの話が進んでいきました」

日テレ アックスオンの木村義明
日テレ アックスオンの木村義明

――今回のように、港区でロケ撮影を行いたいという話はこれまでも何度かあったのでしょうか?

本城典子(以下、本城)「『港区の〇〇で撮影をしたい』というご要望自体は良くあるので、区の商業撮影に関するルールのなかで、できること・できないことをご案内していますが、今回のような要望をいただいたのは、私が知る限りでは初めてでした。遠藤さんからお話を伺った時、本作が港区を舞台にした“港区のドラマ”なのだと知って、おもしろいなと思ったのが始まりでした。内容も港区の明るい面を出してくれそうなものでしたし、ちょうどコロナウイルス感染症の影響で、港区の観光にも打撃があり、街に元気がない時期でもあったので、ドラマを通じて街の魅力を全国に発信し、区に明るい話題が流れるといいなという打算もちょっとありました(笑)」

自由奔放な母とオタクな娘とのかけ合いが楽しい!
自由奔放な母とオタクな娘とのかけ合いが楽しい![c]NTV

「区有施設での撮影が実現して、港区の魅力を多くの人に見てもらえる機会なのではと思っています」(本城)

――制作側からは、どのようなリクエストがありましたか?

本城「最初は、東京タワーがきれいに見える夜景を撮りたいということと、芝公園をバックにして、空が自転車で走るシーンを撮りたいというオーダーでしたよね」

木村「それがいまでは、港区の協力もあってどんどん調子に乗ってきていますよね…(笑)」

本城「実際に一緒にやり始めてみたら、あ、もっとこんなことができるなと話がふくらんでいって、いまに至るという感じですね。せっかくやるんだったら、積極的に関わったほうがおもしろいですし、港区の魅力をより多くの人に見てもらえるんじゃないかなと思っています。こちらからも、こんなことしませんか?あんなことしませんか?と、アックスオンのプロデューサーさんと遠藤さんにお話ししたら、皆さん前のめりで実現に向けて動いてくださって。その結果、いろんな区有施設での撮影が実現していますし、おもしろい取り組みも一緒にやれていますよね」

東京タワーが見える夜景を撮りたいというオーダーが港区にあったという
東京タワーが見える夜景を撮りたいというオーダーが港区にあったという

遠藤「そうですね。映画やドラマなどのロケをサポートするフィルムコミッションは全国各地にありますが、その本来の目的は、作品をきっかけにしてその地域の魅力や情報を発信することですからね。ドラマ公式ホームページ内で展開中のコラムコーナー『港区ステキ探検隊!』で、ドラマに登場する港区の名スポットを紹介するという企画も、本城さんからの提案がきっかけなんです。あとは、劇中の様々な場所で出てくる小道具や港区産のはちみつ『しばみつ』も地域情報の発信につながっていますよね」

本城「担当課の積極的な協力があったこともあって、実現した時はうれしかったです」

遠藤「『地産の商品なので、画面のどこかに置いてもらえたら…』という提案をいただいて。もちろんウェルカムです!という感じで、碧と空の住むマンションのキッチンや、鯛焼き屋『おだや』の入り口など、いろんなところに置かせてもらっています」

【写真を見る】港区がプッシュする区産のはちみつ「しばみつ」
【写真を見る】港区がプッシュする区産のはちみつ「しばみつ」[c]NTV


人気作のロケ地情報がたっぷり!東京ロケーションボックス スペシャルサイト【PR】

※新型コロナウイルス感染症拡大防止について
調布市内での感染拡大防止のため、ご紹介させていただいたロケ地へのご来訪にはお気をつけいただけますようよろしくお願いいたします。感染拡大防止へのご理解とご協力をお願い申し上げます。