松村北斗が森七菜に「本当に尊敬しています」『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/2/20 14:03

松村北斗が森七菜に「本当に尊敬しています」『ライアー×ライアー』公開記念舞台挨拶

SixTONESの松村北斗と森七菜がW主演を務めた映画『ライアー×ライアー』の公開記念舞台挨拶が、2月20日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、松村、森、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督が登壇。本作のみどころである“最後に明かされるもう1つの嘘”に絡め、松村から4人に直筆の「みんなには隠していた感謝のメッセージ」が送られた。

メッセージはそれぞれのマイクに隠されていた。松村から森へは「撮影中、チームをひっぱってくれてありがとう!本当に尊敬しています。『ライアー×ライアー』を大ヒットさせましょう」というメッセージが。森は「尊敬だなんてそんな。恐縮です。ありがとうございました」とハニカミ笑顔でお礼を述べた。

【写真を見る】無邪気な笑顔で手を振る松村北斗と森七菜
【写真を見る】無邪気な笑顔で手を振る松村北斗と森七菜

堀田には「キャラクターも本人も本当に頼りになりました!一緒に作品を作れてよかったー!次はもっと一緒にお芝居しましょう」とあった。松村は「堀田さん、現場では姉御気質な感じで。時々、“姉さん”って現場で呼んでたくらいです」と言うと、堀田はマイクのメッセージがはがれかけていたことに気づいていたようで「良かった!めくらなくて」とホッとした様子。

七五三掛には「同期の2人が一緒に作品を作るってこんなに楽しいのかってすっごい思った!この作品は絶対にしめが必要だ!」とあった。松村は七五三掛に対して「しめとは、全く同じ日の同じ時間のオーディションで隣で踊ってたので、ちょっと特別な思いがあるなと」と言うと、七五三掛も「俺も同期の北斗が出演する作品に出演できて、本当にうれしく思ってます」と喜びを口にした。

耶雲監督には「撮影中、たくさん支えられて、撮ってくれるのが耶雲さんで本当に良かったです。映像の美しさに心からほれぼれしました」とあったが、監督から「ほっくん、ありがとう。やっくんって書いてくれたら良かったのに」と言われる。どうやらラジオの出演時にそう呼びあっていたようで「やっくんとは書かないですよ、さすがに(苦笑)。でもそう呼んでのいいかなと思うくらい距離感の監督でした」と感謝した。

『ライアー×ライアー』の原作は、金田一蓮十郎の同名人気コミック。ギャルメイクの女子高生みなを装った恋愛経験ゼロの地味系女子大生、湊(森)と、義理の姉とは知らずにみなと恋に落ちる義理の弟、透(松村)。2人を巡り、恋の騒動が巻き起こる。

桂孝昭役の七五三掛龍也(Travis Japan / ジャニーズJr.)
桂孝昭役の七五三掛龍也(Travis Japan / ジャニーズJr.)

最後に、森は会場に駆けつけた満足気な表情を目にして喜びつつ「もし良かったら、より多くのみなさんにこの映画が届いて、ちょっと元気のない世の中に、元気になる力を与えられるよう、一緒に盛り上げてくれたらうれしいです」とアピール。松村も「ネタバレはダメですが、ネタバレの興味をそそるような投稿をSNSでしてあげてください。いろんな人づたいに愛していただける作品になればなと」と締めくくった。

イベントは全国122館でもライブ配信され、大盛況のまま、幕を閉じた。

取材・文/山崎伸子

関連作品