岡村隆史が再び小豆洗いに!『妖怪大戦争 ガーディアンズ』キャストが新たに解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/2/22 12:00

岡村隆史が再び小豆洗いに!『妖怪大戦争 ガーディアンズ』キャストが新たに解禁

2005年に公開されて大ヒットした『妖怪大戦争』が新たに復活する『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(今夏公開)。このたび、同作のキャストとして岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、荒俣宏の出演が新たに発表となった。

1968年製作の『妖怪大戦争』、神木隆之介主演の平成版に続く、“令和版”となる本作。寺田心演じる主人公の渡辺兄が、数奇な運命に導かれて世界の存亡をかけた戦いに挑む姿が描かれる。兄を取り巻く妖怪役として、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子など豪華キャストが集結。監督は平成版に続き三池崇史が務める。20XX年、大地溝帯フォッサマグナから現れた“妖怪獣”により、妖怪界と世界に未曽有の危機が到来。妖怪獣に対抗するために選ばれた妖怪ハンターの血を継ぐ兄弟が、思いもよらない大冒険に身を投じていく。

今回、妖怪役として新たに発表されたキャストは前作に続く出演となる面々。岡村が演じるのは、物語の重要な局面に必ず登場するが、特に役に立つわけでもなく、風呂桶に入った小豆を水洗いしているだけという小豆洗い。本作では日本の妖怪と世界中のモンスターが一堂に会した世界妖怪会議ヤミットの最中にも小豆を洗っていたため、天狗から「うるさい!君、帰れ!」と言われてしまう。前作と同じ役での続投について岡村は「この役は絶対に渡さへんぞ」という気持ちで挑んだと語っている。


前作で大天狗を演じた遠藤は放浪する僧の姿をした、子供を連れ去ると言われる夜道怪役で再登板。本作では兄の弟を風呂敷で包み込み、妖怪の世界へと連れ去ろうとする。石橋が演じるのは、前作同様の大首。妖怪の世界に迷い込んだ兄の前に現れ、一吹きでケイを吹っ飛ばしてしまう。そして、製作総指揮を務める荒俣もヤミットの議長で、雨が降った時に現れる雨降小僧を演じている。

小豆洗いなどの人気妖怪たちがどんな活躍を見せるのか期待が高まる本作。パワーアップした彼らの姿を楽しみに待とう!

関連作品