デ・ニーロ、ジョーンズ、フリーマンが豪華共演!『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』日本公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/2/25 11:00

デ・ニーロ、ジョーンズ、フリーマンが豪華共演!『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』日本公開

『ジョーカー』(19)のロバート・デ・ニーロ、「メン・イン・ブラック」シリーズのトミー・リー・ジョーンズ、『ミリオンダラー・ベイビー』(04)のモーガン・フリーマン。全員アカデミー賞受賞経験のあるハリウッドのレジェンド俳優3人が共演した『The Comeback Trail』が、『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の邦題で日本公開されることが決定した。

【写真を見る】レジェンド俳優たちが繰り広げるドタバタコメディが日本上陸!
【写真を見る】レジェンド俳優たちが繰り広げるドタバタコメディが日本上陸![c]2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

本作の舞台は1970年代のハリウッド。ギャングのレジーから借りた金が返せず大ピンチに陥ったB級映画プロデューサーのマックスは、危険なスタント撮影で死亡事故が起きれば保険金が手に入ることを思いつき、老人ホームに入所していた往年のスター、デュークを担ぎだして西部劇の撮影を開始。映画を完成させないことと、撮影中にデュークに死んでもらうことを目論むマックスだったが、デュークは思いのほかしぶとく、撮影は順調に進んでしまう…。

デ・ニーロが演じるのは、他人を騙してナンボのハリウッドで詐欺スレスレな行為に及ぶダメ男マックス。ジョーンズは自殺願望を持ちながらも意外なタフさを発揮する元スターのデューク、フリーマンは極悪なギャングのボスで映画マニアのレジーを好演。解禁されたビジュアルにはそんな3人の姿に加え、デュークが撮影中に見舞われる絶体絶命のピンチの数々が写しだされている。

本作で監督と脚本を務めたのは、デ・ニーロの主演作『ミッドナイト・ラン』(88)の脚本家としても知られるジョージ・ギャロ。70~80年代にかけて多くのB級映画を手掛けたハリー・ハーウィッツ監督の幻の自主制作映画のリメイク権を獲得したギャロ監督が、旧知のデ・ニーロから「なにか愉快な作品をやりたい」と言われたことで本作が実現に至ったとのこと。


映画業界のオモテとウラを描き、往年の名作や名優たちにまつわるオマージュや小ネタも満載。世界の映画ファンから愛されてきた重鎮3人が、映画少年のように輝きながら繰り広げるドタバタの珍騒動を、是非とも劇場で目撃してほしい。『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』は6月4日(金)より公開される。

文/久保田和馬