公開から15周年…細田守監督がひと夏の青春を瑞々しく紡いだ『時をかける少女』を4DXで体感!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/2/25 16:00

公開から15周年…細田守監督がひと夏の青春を瑞々しく紡いだ『時をかける少女』を4DXで体感!

2006年の公開から15周年を迎える細田守監督のアニメーション映画『時をかける少女』。同作が『時をかける少女 4DX』として4月2日(金)より全国4DXシアターにて期間限定公開される。

【写真を見る】タイムリープの瞬間はどうシートで表現する…?『時をかける少女 4DX』ポスターもチェック
【写真を見る】タイムリープの瞬間はどうシートで表現する…?『時をかける少女 4DX』ポスターもチェック[c]「時をかける少女」製作委員会2006

待望の最新作『竜とそばかすの姫』(夏公開)も控える細田監督が設立した「スタジオ地図」は、今年で設立10周年。その記念プロジェクトの一環として本作が4DXバージョンでスクリーンに帰ってくる。当時わずか6館からの劇場公開だった本作は、幅広い観客から好評を博し、その熱気は全国へと広がり、異例の8ヶ月を超えるロングラン上映となった。

切ない青春描写に、15年を経てあらためてときめく…
切ない青春描写に、15年を経てあらためてときめく…[c]「時をかける少女」製作委員会2006

過去に飛べるタイムリープの能力を手にした女子高校生の真琴(声;仲里依紗)が、自分の過去をやり直すなかで、人生のかけがえのない時間の意味を見出す。高校生のひと夏をみずみずしく描き、タイムリープを見事に表現した本作が、この春新たな感動を与えてくれそう。


『時をかける少女 4DX』で青春時代へのタイムリープ。細田監督が描いたみずみずしく眩しい青春物語を、体全部で感じてみよう。

文/タナカシノブ