尾野真千子の新たな代表作誕生!『茜色に焼かれる』公開決定&キャスト解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/2/26 7:00

尾野真千子の新たな代表作誕生!『茜色に焼かれる』公開決定&キャスト解禁

『町田くんの世界』(19)、『生きちゃった』(20)の石井裕也監督による最新作『茜色に焼かれる』が5月21日(金)より公開されることが決定。『ヤクザと家族 The Family』(公開中) に出演中の尾野真千子が主演を務める同作に、和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏が出演することがわかった。

石井裕也監督が愛と希望をテーマに厳しくも澄みきった人間賛歌を紡ぐ
石井裕也監督が愛と希望をテーマに厳しくも澄みきった人間賛歌を紡ぐ[c] 2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

本作は、弱者ほど生きにくいこの多難の時代に翻弄される一組の母子を描いた人間賛歌。哀しみと怒りを胸に抱きながらも、我が子へ溢れんばかりの愛を持ち気丈に振る舞う母と、そんな母を気遣い屈辱の日々を耐え忍ぶ中学生の息子が、最後まで絶対に手放すことのなかったものを描きだす。

尾野が演じるのは、逆風を受けながらも前向きに歩もうとする母親の田中良子。また、『ミックス。』(17)にも出演した次世代注目株の和田が良子の13歳の息子である純平、『あの頃。』(公開中)の片山が良子の同僚のケイ、オダギリが交通事故で命を落とす良子の夫の陽一、永瀬が良子とケイを見守る風俗店の店長の中村を演じ、激しくも切ない魂のドラマを紡ぐ。

圧倒的な存在感で良子を体現した尾野は「映画の登場人物達が戦うように私ももがき、あがき、力の限り戦ってみました」とコメントしている。

懸命に生きようとする母子の勇気と美しさに心が揺さぶられる『茜色に焼かれる』。映画が映す“茜色の希望”とは? 尾野の新たな代表作となる、この厳しくも澄みきった人間ドラマに今後も注目したい。