第2回大島渚賞は“該当者なし”!坂本龍一、黒沢清ら審査員がコメントを発表|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/2/26 6:00

第2回大島渚賞は“該当者なし”!坂本龍一、黒沢清ら審査員がコメントを発表

PFF(ぴあフィルムフェスティバル)が昨年創設した、新たなる映画賞「大島渚賞」。『戦場のメリークリスマス』(83)などで国際的に高い評価を集めた大島渚監督の名を冠した同賞は、劇場公開作が3本程度の日本で活躍する映画監督を対象に若くて新しい才能へ贈られるもので、今年の第2回受賞者は“該当者なし”となったことが発表された。

【写真を見る】第2回大島渚賞記念イベントとして黒沢監督らのトークショーを開催
【写真を見る】第2回大島渚賞記念イベントとして黒沢監督らのトークショーを開催

昨年の第1回は『セノーテ』(19)、『鉱 ARAGANE』(15)が世界各国で高い評価を受けた小田香監督が受賞して話題を呼んだが、第2回は審査員長である坂本龍一、審査員の黒沢清監督、荒木啓子(PFFディレクター)の総意として “該当者なし”という結果に至っている。この結果に対して、「大島渚を挑発し、批判し、越えていくことこそ最も大島渚賞にふさわしいと言えるのだ」と坂本をはじめとする審査員たちはコメントを発表している。

また、当初予定されていた授賞式に代わり、3月20日(土・祝)に第2回大島渚賞記念イベントを開催。黒沢、荒木に加え、特別ゲストとして大島監督夫人で女優の小山明子が登壇し、今回の決断に至った審査員の思いや大島映画の魅力が語られる。


坂本、黒沢がともに大島映画のベストワンと激賞する『日本春歌考』(67)も特別上映されるので、興味を持たれたら足を運んでみてはいかがだろうか。