磯村勇斗の心に残った“運命の出会い”を描いた映画は、意外なラインナップ!『ヤクザと家族 The Family』から監督作までを語る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/2/28 16:30

磯村勇斗の心に残った“運命の出会い”を描いた映画は、意外なラインナップ!『ヤクザと家族 The Family』から監督作までを語る

『あゝ、荒野』(17)、『宮本から君へ』(19)、『MOTHER マザー』(20)など、いま日本で最もアブないテーマに果敢に取り込む制作会社スターサンズ。映画ファンを中心に口コミで話題を呼び、リピーターも増えている『ヤクザと家族 The Family』(公開中)は、『新聞記者』で一躍注目された藤井道人監督と再びタッグを組み、「反社」という言葉と共に現代社会からその存在を否定される男たちの人生の選択、その人権を問うた意欲作だ。

1999年、2005年、2019年という3つの時代が切り出されるなか、2019年パートの主役ともいうべき存在が、半グレ集団を動かす木村翼役を演じる磯村勇斗である。MOVIE WALKER PRESSでは、3つの時代になぞらえて、3つのテーマで磯村勇斗にインタビューを敢行。

半グレ集団を動かす木村翼役を演じた磯村勇斗
半グレ集団を動かす木村翼役を演じた磯村勇斗[c] 2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

“ヤクザ映画”と憧れの俳優像をテーマにした回では、「『仁義なき戦い 頂上作戦』以降の、広能が逮捕されて、刑期を終えて出てくるあたりの話が好きです」などと語ってくれた。
続く“家族映画”がテーマの回では、上京時のエピソードも。短期集中連載、最終回のテーマは「運命の出会い」について。

【写真を見る】写真家・野村佐紀子が撮り下ろした磯村勇斗。髪をかきあげる仕草に見惚れる
【写真を見る】写真家・野村佐紀子が撮り下ろした磯村勇斗。髪をかきあげる仕草に見惚れる撮影/野村佐紀子

「『SKIN』は映画の中の世界と、外で起きている現状とがタイミングよく出会った作品」

――『ヤクザと家族』では綾野剛さん演じる山本と舘ひろしさん演じる柴咲組組長の出会いをはじめ、運命の出会いを描いています。

「そうですね、尾野真千子さん演じる工藤由香という女性が、ダメだと思いつつ綾野剛さん演じる賢兄に惹かれていくなど、そういう出会いも描いていますね」

尾野真千子演じる由香と出会い、荒んでいた山本(綾野剛)は愛を知っていく
尾野真千子演じる由香と出会い、荒んでいた山本(綾野剛)は愛を知っていく[c] 2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

――磯村さんの心に残っている、運命の出会いを描いた映画は?

「映画の中の世界と、外で起きている現状とがタイミングよく出会った作品で言えば、『SKIN』。2019年に公開された長編映画の『SKIN/スキン』ではなく、その元となった第91回アカデミー賞を受賞した短編映画のほうです。ネオナチの白人男性が黒人男性に理不尽に言いがかりをつけ、暴力をふるったことで、思わぬ復讐にあう。

短編映画『SKIN』は、はガイ・ナティーヴ監督が、長編映画の出資を募るために全額自己資金で製作した
短編映画『SKIN』は、はガイ・ナティーヴ監督が、長編映画の出資を募るために全額自己資金で製作した[c]20TH CENTURY STUDIOS

おもしろかったとひと言では片づけられない白人と黒人の差別問題を取り扱っていて、ここに落とすか、っていうラストの斬新な扱いに唸りました。僕ら日本人にとって、黒人への差別問題を肌身で理解するのはなかなか難しいことですが、この『SKIN』で起きる出来事は知るべきことだと思いましたね。2020年のアメリカで起こった「Black Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)」のムーブメントへの手掛かりにもなる作品だと思います。

「Black Lives Matter(BLM、黒人の威厳と尊厳を守る運動)」のスローガンを掲げた抗議運動
「Black Lives Matter(BLM、黒人の威厳と尊厳を守る運動)」のスローガンを掲げた抗議運動写真:SPLASH/アフロ

もう一つは、『縞模様のパジャマの少年』。ナチスの将校である父親を持つ8歳の少年ブルーノがベルリンから殺風景な場所に移転してきて、そこで、縞模様のパジャマを着た少年と友達になる。その子はホロコーストによって、収容されたユダヤ人の少年なんですが、ブルーノもその子もまだ幼くて、互いに状況がよくわかっていない。
不気味なシチュエーションでの出会いで、結果としてはすごく悲劇になるんですけど、柵を通してあの少年2人が出会ったことはまさに運命的で、その後の2人に芽生える友情はまさに2人にしかわからない特別な感情です。2人の出会いがなかったら、ナチス側の将校たちの気持ちを変えることもできなかったと感じました。実はこの作品、先日、自分が撮った短編の参考としてみた作品なんです」

「『ヤクザと家族』で描かれる家族像とはまた違ったニュアンスですけど、兄弟という関係性を題材にしたもの」

――ぜひ、その監督作についても聞かせてください。

「え、そんな図々しいこと大丈夫ですか?(笑) WOWOWによる短編プロジェクトの『アクターズ・ショート・フィルム』で、『機械仕掛けの君』という作品を監督しました。『ヤクザと家族 The Family』で描かれる家族像とはまた違ったニュアンスですけど、兄弟という関係性を題材にしたもの。もともと監督をやってみたいという気持ちがあったので参加させていただきました。

「アクターズ・ショート・フィルム」『機械仕掛けの君』で監督を務めた磯村
「アクターズ・ショート・フィルム」『機械仕掛けの君』で監督を務めた磯村

与えられたテーマはなにもなくて、25分以内という条件だけだったので、ちょうど昨年のステイホーム期間中にテーマを考えて、構想を練りました。コロナ禍で、ぽっかり時間がとれたからこそ作れた映画でもあります。僕の武器は俳優の気持ちがわかることなので、同じ俳優同士、演じる人たちが気持ち悪いと感じるところがないように、演じやすい雰囲気を作ることを心がけました」

監督として、俳優として活躍。『ヤクザと家族 The Family』のメイキング風景より
監督として、俳優として活躍。『ヤクザと家族 The Family』のメイキング風景より[c] 2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

――全3回にわたる連載もこれで終わりになります。ここまでお付き合いいただいた読者の皆さん、『ヤクザと家族 The Family』の観客の皆さんにメッセージを!

「ヤクザと聞くと皆さん怖いイメージがあるとは思うのですが、この作品は“家族”という関係性にフォーカスを当てています。血のつながっている家族も、つながっていないアニキや親分といったもので結ばれる家族像も描かれます。

そもそも血がつながっているから家族なのかという疑問点を僕は持っていて、つながっていなくても結ばれている家族があるのではないかなど、『自分にとっての家族とはなにか』を僕自身改めて見つめ直すきっかけとなりました。是非たくさんの方にご覧いただきたいです」

寺島しのぶが演じる愛子との親子愛も、作品の大きな魅力だ
寺島しのぶが演じる愛子との親子愛も、作品の大きな魅力だ[c] 2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

MOVIE WALKER PRESSでは、『ヤクザと家族 The Family』感想投稿キャンペーンも開催中だ。「既に3回観たのですが、回数を重ねるごとに泣けるポイントが増えていきました」「一度観た後、再度山本の人生を見届けたい思いにかられ、2回目を観に行ってきました」など、リピーターからのコメントも続々集まっている。いよいよ本日、2月28日が応募締切となるので、思いの丈を投稿してほしい。

取材・文/金原由佳


『ヤクザと家族 The Family』の熱狂を分かち合おう!公開記念スペシャルサイト【PR】

磯村勇斗が監督を務めた『機械仕掛けの君』は、3月21日(日)午前9:00よりWOWOW4K、WOWOWプライムにて放送予定
WOWOW「アクターズ・ショート・フィルム」

関連作品