「ルパンの娘」脚本家の徳永友一が語る2020年、そしてこれからの日本ドラマ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/3/13 20:00

「ルパンの娘」脚本家の徳永友一が語る2020年、そしてこれからの日本ドラマ

新型コロナウイルスの影響で日本のドラマ界にも大きな変化が起こった2020年。コロナ禍で放送された『ルパンの娘』の脚本を手掛けた徳永友一に、脚本家の仕事や制作現場の様子、テレビドラマへの思いを語ってもらった。

「脚本を一緒につくりながら、共に温めていくということが難しかった」

――まず、これまでに影響を受けたドラマから教えてください。

「僕はドラマっ子で、中学時代は『東京ラブストーリー』などのトレンディ・ドラマがブームでした。なかでも、野島伸司さんが脚本を書いた『101回目のプロポーズ』は僕のバイブル。野島さんのドラマを観て脚本家になろうと思いました」

――では、いま注目する脚本家は?

「野木亜紀子さん、古沢良太さんはすごいと思いますね」

――2020年はコロナ禍となり、ドラマや映画などの制作現場においても影響がありました。徳永さんは、脚本家として思いの変化はありましたか?

「家で仕事をする脚本家としての生活はあまり変わらないですが、プロデューサーやキャストの方たちとは距離が遠くなりました。普段は長時間ある打ち合わせがリモートワークになったことで、脚本を一緒につくりながら共に温めていくということが難しかったです」

――コロナ禍になってからドラマの現場で目に見えた変化は?

「テレビ局では初期の頃から対策を徹底していました。お弁当を食べる時も、スタッフもキャストの方も会話をせず離れて食べていて。いままで会話のなかから生まれていたアイデアの出し合いやコミュニケーションが容易ではなかったのではないかと思います」

――昨年は『ルパンの娘』の続編が放送されましたが、前作との違いを感じた点は?

「続編ということもあり、たまに現場に行くと、スタッフの方も『コロナの前と同じようにがんばろう!』と逆に士気が高まり、良い意味でプラスになっている面も。さらに映画まで『絶対に撮り切ろう』というチーム感がすごくて、感動しました」

【写真を見る】本格的なアクションと大胆なパロディなど独特の世界観で大きな話題を集めた「ルパンの娘」
【写真を見る】本格的なアクションと大胆なパロディなど独特の世界観で大きな話題を集めた「ルパンの娘」[c]横関大/講談社/フジテレビジョン

――映画の撮影は順調ですか?

「いま撮影真っ最中で、緊急事態宣言のなか万全の対策をされて頭が下がります。撮影地の変更や台本の書き換えもありますが、スタッフ一丸となり取り組んでいます」

「テレビドラマは、観ている人の日常に寄り添うところが一番の魅力」

――2020年のドラマ界を振り返ると全体的にどんな印象ですか?

「TBSの火曜夜10時枠は、2020年という時代にマッチしたホッとできるドラマを放送し続けていて感心しました。『私の家政夫ナギサさん』『恋は続くよどこまでも』は、すごく悪い人は出てこないし、温かくて印象深いですね。お手本にしているところもあります」

主人公が家事を通して自身を見つめ直す「私の家政夫ナギサさん」は多くの人々の共感を得た
主人公が家事を通して自身を見つめ直す「私の家政夫ナギサさん」は多くの人々の共感を得た[c]四ツ原フリコ/ソルマーレ編集部 [c]TBSスパークル/TB

――どこかこれまでとドラマの観方が変わられたところも?

「いままでどの連続ドラマにも、どちらかというとサスペンス軸がドラマを引っ張る要素としてあって。でも、TBS火曜枠は恋愛軸でしっかりと引っ張っていて、いまの時代に合っていました」

――コロナ禍では暗い話やスリリングな話より、明るい話を求める視聴者が多かったように感じます。

「現実がサスペンスになっているので、恋愛などで話をつくり、温かい結末になっているとホッとするんだろうなと思います。コロナ前だと、もしかすると物足りなく感じていたかもしれませんよね」

――2021年はどんなドラマが増えそうですか?

「新しい生活様式に少し慣れてきた部分もあり、ホッとするものや笑えるものがあふれると今度は食傷気味になって、違うものが観たくなると思うんです。そういう意味では、昨年はウケなかったサスペンスなどは、観たくなる人が増えるかもしれません。ジャンルが偏らず、視聴者が楽しめるドラマが増えていくとうれしいですね」

――2020年はドラマの再放送も好評でした。

「脚本家視点でドラマを観てしまうのですが、もちろんキャストの演技もあり相乗効果で、セリフや設定が響くものが多かった。『愛していると言ってくれ』の再放送を観ても、いまも色褪せず響く。テレビは気軽に観られるから情報が入りやすく、セリフひとつにしても心に染みる効果があって。テレビドラマは観ている人の日常に寄り添うところが一番の魅力です」

――今後の作品のご予定は?
「3本の映画公開が控えているのと、連続ドラマの準備が始まっています。ドラマはオリジナル脚本で、サスペンスの要素が入ったラブコメなんですよ」

――楽しみにしています!

「家にいる時間が増えた昨年は、普段はドラマを観なかった人も観てくれるようになった。飽きられないよう、今年は色々なバリエーションを出して、テレビドラマの良さを伝えたいですね」

映画版『ルパンの娘』は2021年公開予定(写真はドラマ版)
映画版『ルパンの娘』は2021年公開予定(写真はドラマ版)[c]横関大/講談社/フジテレビジョン

取材・文/かわむらあみり

■『ルパンの娘』
FODで配信中

■『私の家政夫ナギサさん』
発売中
Blu-ray BOX(2万6,400円+税)、DVD-BOX(2万900円+税)
発売元:TBS
発売協力:TBSグロウディア
販売元:TCエンタテインメント

関連作品