大泉洋、ぼやき節炸裂!『騙し絵の牙』あてがきされた役で“大泉洋っぽくて”NG|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/3/3 20:45

大泉洋、ぼやき節炸裂!『騙し絵の牙』あてがきされた役で“大泉洋っぽくて”NG

大泉洋を主人公にあてがきしたベストセラー小説を映画化した『騙し絵の牙』(3月26日公開)の「騙し合いバトル開幕式」が3月3日に銀座松竹スクエアで開催され、大泉をはじめ、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市、吉田大八監督が登壇。吉田監督の現場について、大泉は「全然OKが出ないんですよ」とぼやき節をお見舞いして会場も大爆笑。あてがきされた原作にもかかわらず、「一番、私っぽくなかった」と明かした。

“大泉の口”から登場!
“大泉の口”から登場!

廃刊の危機に瀕した雑誌の新任編集長、速水が、起死回生の一手に打って出る姿を描く本作。あてがきされた大泉本人が主人公の速水を演じる。会場には巨大な“大泉洋の顔”フラッグが吊るされ、キャスト陣が“大泉の口”から登場。大泉は「自分の口から出る。あんまり気持ちのいいものではないですね」とニヤリ。金色の紙吹雪を浴びると、「大変うれしい。こんなに大掛かりなイベントをやっていただいて、ワールドカップに優勝した時みたい」と喜びを口にしていた。

「全然OKが出ない!」
「全然OKが出ない!」

この日は、映画が崖っぷちの出版社を舞台にすることから、「崖っぷちを乗り越えたエピソード」を聞かれた一同。大泉は「『騙し絵の牙』の撮影は常に崖っぷちでしたね」と告白。「一発でOKが出ない。5回、6回、10回くらいいく。長ゼリフだったりすると、どんどん焦ってくる。そこに浩市さんだとか、妖怪レベルの人がいるとどんどんパニくる。好きに言っていたら、『大泉さん、ここでブレスをしているけれど、ここまで一気に言っちゃって』とか」と吉田監督から緻密な演出が入るそうで、「OKと言われた瞬間に『おお…』という感じがありました。どんどん団結力が強まる」とそのおかげで一体感も生まれたという。

松岡によると「『いまのは大泉さんぽいからNG』ということもあった」そうで、大泉が「私をあてがきしているんですよ、この小説」とこぼすと、会場も大爆笑。「私をあてがきした原作で、私が演じた芝居を『いまのは大泉さんぽいから、もう一回』って。なにがいけないんだと。監督のイメージする速水に合わなければ、OKは出ない」という。「私が観た映画のなかで一番、私っぽくなかった。この間、(『新解釈・三國志』で)劉備玄徳役を演じましたが、あれはまるまる大泉洋でしたけれどね。あれだけ偉人を演じても私だったのに、速水という現代人を演じても一番、俺っぽくないなと思った」と続けつつ、「結局は、監督に感謝しました」と語っていた。

【写真を見る】丁々発止のやり取りを見せた大泉洋と松岡茉優
【写真を見る】丁々発止のやり取りを見せた大泉洋と松岡茉優

松岡は「この先に芽が出なかったらどうしようと思っていた時に、『桐島、部活やめるってよ』で吉田監督から大事な役をいただいた」と崖っぷちを救ってくれたのが、吉田監督だという。「そこからお仕事に恵まれるようになった。救いあげていただいた。ありがとうございます」とお礼を述べると、先ほど吉田監督に向かってぼやきまくってしまった大泉は「ずいぶん、監督におべっか使うな!」とツッコミ。松岡が「テイク数を重ねるとかなにがいけないか全然わからない」とお茶目に続けると、大泉は「怖いな!」と大笑いしながら、「監督、僕、全部冗談ですからね。大好きですよ。テイク数なんて気にならない。なあ、みんな!」と慌てて軌道修正を図り、会場を笑わせていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品